同労者

キリスト教—信徒の志す—

一度は原書を読みたい本

 − パウロ伝(7) −
The Life of St. Paul
James Stalker

「私は、さらにまさる道を示してあげましょう。・・愛を追い求めなさい。」
(コリントI 12:31、14:1)

CHAPTER I 第二章
HIS UNCONSCIOUS PREPARATION FOR HIS WORK 働きのための無意識の準備

Paragraphs 13-36.

14-16. DATE AND PLACE OF BIRTH. His Love of Cities.



     生まれた時と場所   都会に対する彼の愛着
17, 18. HOME.      家庭
19-26. EDUCATION.      教育
19. Roman citizenship;      ローマ市民権
20. Tent-making;      天幕造り
21, 22. Knowledge of Greek Literature;      ギリシャ文学に関する知識
23-26. Rabbinical Training. Gamaliel. Knowledge of Old Testament.      ラビ教育  ガマリエル   旧約聖書の知識
27-30. MORAL AND RELIGIOUS DEVELOPMENT.      道徳と宗教に関する成長
28. The Law;      律法
29, 30. Departure from and return to Jerusalem.      エルサレムから去り、また戻る
31-33. STATE OF THE CHRISTIAN CHURCH.      キリスト教会の状態
Stephen.      ステパノ
34-36. THE PERSECUTOR.


     迫害者


13. God's Plan.--Persons whose conversion takes place after they are grown up are wont to look back upon the period of their life which has preceded this event with sorrow and shame and to wish that an obliterating hand might blot the record of it out of existence. 13.神の計画・・・ 成人してから回心した人々は、それ以前の時期を回顧し、悲しみと恥を感じ、存在する記録の汚点を消したいと願うことが普通である。
St. Paul felt this sentiment strongly: to the end of his days he was haunted by the specters of his lost years, and was wont to say that he was the least of all the apostles, who was not worthy to be called an apostle, because he had persecuted the Church of God. パウロもその思いを強く感じていた。彼はその生涯の終わりにいたるまで、過去の日々のできごと思い浮かべた。そして自分は使徒の中の最も小さい者であるといつも述べた。彼は自分は教会を迫害した者であるから使徒と呼ばれるのには価しないと。
But these somber sentiments are only partially justifiable. しかしこの暗い気持ちはほんの部分的に正当なのである。
God's purposes are very deep, and even in those who know Him not He may be sowing seeds which will only ripen and bear fruit long after their godless career is over. 神の目的はもっと深いところにあり、パウロが神を知らなかった経歴のあと、イエスを知っているのみでなく、イエスは豊かにみのり実を結ぶ種をまく方であることを知ったのであった。
Paul would never have been the man he became or have done the work he did, if he had not, in the years preceding his conversion, gone through a course of preparation designed to fit him for his subsequent career. パウロは、彼の回心に先立つ日々が存在し、続く生涯にふさわしい備えがなされなかったなら、彼のように働きをなした人には決してなれなかったであろう。
He knew not what he was being prepared for; his own intentions about his future were different from God's; but there is a divinity which shapes our ends, and it was making him a polished shaft for God's quiver, though he knew it not. 彼は自分が備えられていることを知らなかった。彼の意図と神のそれとは異なっていたのである。しかし、私たちの目的を形造られる神の配剤があり、彼自身はそれに気づかなかったのであるが、彼は神の矢筒の磨き上げられた矢に造り上げられていたのであった。
(つづく)