「同労者」225号—一度は原書を読みたい本

同労者

キリスト教—信徒の志す—

一度は原書を読みたい本

 − パウロ伝(2) −
The Life of St. Paul
James Stalker

「私は、さらにまさる道を示してあげましょう。・・愛を追い求めなさい。」
(コリントI 12:31、14:1)

CHAPTER I 第一章
HIS PLACE IN HISTORY パウロの歴史上の立ち位置
1, 2. The Man Needed by the Time.     その時代に必要とされた人
3, 4. A Type of Christian Character.     クリスチャン人物像の典型
5-8. The Thinker of Christianity.     キリスト教の思想家
9-12. The Missionary of the Gentiles.     異邦人への宣教者
1.The Man for the Time.--There are some men whose lives it is impossible to study without receiving the impression that they were expressly sent into the world to do a work required by the juncture of history on which they fell.  1.その時代のための人・・・彼らの人生は、その当面した歴史の転換点が要求する仕事をこの世界になすために特に使わされたのである、との印象を受けることなく学ぶことが不可能な人々がいる。
The story of the Reformation, for example, cannot be read by a devout mind without wonder at the providence by which such great men as Luther, Zwingli, Calvin and Knox were simultaneously raised up in different parts of Europe to break the yoke of the papacy and republish the gospel of grace. 例えば宗教改革の歴史を、ルター、ツウィングリ、カルビンやノックスのような偉大な人物たちが、ヨーロッパの異なる地域に同時に現れ、ローマ教皇のくびきを砕き、恵みの福音を新たに宣べ伝えたことは、敬虔なこころの持ち主には、神の摂理に対する驚き以外のことをもって読み取ることはできない。
When the Evangelical Revival, after blessing England, was about to break into Scotland and end the dreary reign of Moderatism, there was raised up in Thomas Chalmers a mind of such capacity as completely to absorb the new movement into itself, and of such sympathy and influence as to diffuse it to every corner of his native land. 福音派の信仰復興がイングランドを祝福したのち、それがスコットランドに広がった時、新しい運動を完全に吸収する心の能力をもったトマスチャルマースが立てられて、殺伐とした近代主義の支配を終わらせ、それに対する共感を彼の祖国の隅々にまで及ぼした。

2. This impression is produced by no life more than by that of the Apostle Paul. 2. この印象は、使徒パウロによってもたらされるそれを超える、いかなる人物の生涯も存在しない。
He was given to Christianity when it was in its most rudimentary beginnings. キリスト教の最も根本的にはじめの時点で、キリスト教に対して与えられたのであった。
It was not, indeed, feeble, nor can any mortal man be spoken of as indispensable to it; for it contained within itself the vigor of a divine and immortal existence, which could not but have unfolded itself in the course of time. 事実そのときのキリスト教は脆弱であったとか、だれか滅び行く人間がそれをなすことが必須であったとかいうのではない。なぜならキリスト教には神の存在の不滅の活力が内にあり、時が来ればおのずと現れてくるものであったからである。
But, if we recognize that God makes use of means which commend themselves even to our eyes as suited to the ends He has in view, then we must say that the Christian movement at the moment when Paul appeared upon the stage was in the utmost need of a man of extraordinary endowments, who, becoming possessed with its genius, should incorporate it with the general history of the world; and in Paul it found the man it needed. しかし もし私たちが神が彼らに任された手段を用いたことを理解したなら、私たちの目にさえパウロが最も適した人物であったとの判断に至るのである。 そして私たちは、キリスト教運動はパウロが現れた瞬間において、世界は通常の歴史と共に働きうる卓越した才能の持ち主が必要であったが、パウロの内にまさにその必要な人物を見いだすのである。
(つづく)