同労者

キリスト教—信徒の志す—

一度は原書を読みたい本

 − キリスト伝(43) −
THE LIFE OB JESUS CHRIST
James Stalker

「キリストは、私たちのために、ご自分のいのちをお捨てになりました。それによって私たちに愛がわかったのです。」 (Iヨハネ3:16)









CHAPTER VII
THE END
第7章
末期
CONCLUSION 結論
206. 206.
No life ends even for this world when the body by which it has for a little been made visible disappears from the face of the earth. しばしの間見えるものとする肉体が地の面から失せても、いのちはこの世だけで終わるものではない。
It enters into the stream of the ever-swelling life of mankind, and continues to act there with its whole force for evermore. それは絶えず増大していく人類のいのちの流れに入り、そのすべての力を永続させるものである。
Indeed, the true magnitude of a human being can often only be measured by what this after-life shows him to have been. 事実、人間であるものの真の偉大さは、しばしばその人が存在した時代の後になって示されることによってはかられる。
So it was with Christ. キリストもそうであった。
The modest narrative of the Gospels scarcely prepares us for the outburst of creative force which issued from His life when it appeared to have ended. 福音によるわずかな表現では、イエスの生涯から流れ出た創造的な働きは私たちにほとんど提供されていない。それは彼の生涯が終わった後に現れている。
His influence on the modern world is the evidence of how great He was; for there must have been in the cause as much as there is in the effect. 現代の世に対するイエスの影響力は彼がいかに偉大であったかの証拠である。というのは結果に相応の原因があったはずだからである。
It has overspread the life of man and caused it to blossom with the vigour of a spiritual spring. それは人々の生涯に広がり、その人の上に霊的な泉の力の花が咲く原因となった。
It has absorbed into itself all other influences, as a mighty river, pouring along the centre of a continent, receives tributaries from a hundred hills. 力ある流れが、大陸の中心の幾百の丘からでる流れ吸収するように、それ自体のなかに他の人々の影響力を吸収していった。
And its quality has been even more exceptional than its quantity. そしてその質はその量を超えている。
207. 207.
But the most important evidence of what He was, is to be found neither in the general history of modern civilization nor in the public history of the visible Church, but in the experiences of the succession of genuine believers, who with linked hands stretch back to touch Him through the Christian generations. しかし、彼がどのようなお方であるかを示す重要な証拠は、現代文明にあるでもなければ、目に見える教会の公の歴史にあるのでもなく、クリスチャンを通じてイエスに触れ、イエスと手をつなぐことによって真実に信じた人々の真の福音経験をしたひとびとが誕生したことである。
The experience of myriads of souls, redeemed by Him from themselves and from the world, proves that history was cut in twain by the appearance of a Regenerator, who was not a mere link in the chain of common men, but One whom the race could not from its own resources have produced—the perfect Type, the Man of men. イエスによって自分自身と世から贖われた無数の魂の経験は、改革者(キリスト)の出現によって歴史が二つに切られたことを証明している。 彼は普通の人の鎖の一つのリンクではなく、人類自身には生むことのできない、完全な型、理想の人間であった。
The experience of myriads of consciences, the most sensitive to both the holiness of the Divine Being and their own sinfulness that the world has ever seen, yet able to rejoice in a peace with God which has been found the most potent motive of a holy life, proves that in the midst of the ages there was wrought out an act of reconciliation by which sinful men may be made one with a holy God. この世がかつて見たことのないほどの、神の存在の神聖さと己の罪深さの両方にもっとも敏感な多くの良心の経験は、聖い生活の最も大きな動機の基礎となる神との平和を喜ぶことができ、この時代の真ん中で積み深い人間が聖い神と一つとなる和解の業がなされたことを証明している。
The experience of myriads of minds, rendered blessed by the vision of a God who to the eye purified by the Word of Christ is so completely Light that in Him there is no darkness at all, proves that the final revelation of the Eternal to the world has been made by One who knew Him so well that He could not Himself have been less than Divine. キリストの言葉によって潔められ、神のビジョンによって祝福されたこころの変革の経験は、暗いところが全くないほど完全にキリストにある光であり、神以下のものでは与えることができないものであることを証明している。
208. 208.
The life of Christ in history cannot cease. 歴史上のキリストの生涯は止まることがない。
His influence waxes more and more; the dead nations are waiting till it reach them, and it is the hope of the earnest spirits that are bringing in the new earth. 彼の影響はますます増大し、死にある国民はそれがとどくまで待っている。 そして新しい地がもたらされることが熱心な魂の望みである。
All discoveries of the modern world, every development of juster ideas, of higher powers, of more exquisite feelings in mankind, are only new helps to interpret Him; and the lifting-up of life to the level of His ideas and character is the programme of the human race. 現代の世のすべての発見、より正しい理念の発達、より高い力、人類のより麗しい感覚は、ただイエスの解釈のあたらしい助けにすぎず、人生を彼の理想と品性のレベルへと引き上げることが人類に与えられている課題である。
(完)