同労者

キリスト教—信徒の志す—

一度は原書を読みたい本

 − キリスト伝(38) −
THE LIFE OB JESUS CHRIST
James Stalker

「キリストは、私たちのために、ご自分のいのちをお捨てになりました。それによって私たちに愛がわかったのです。」
(Iヨハネ3:16)

CHAPTER VII
THE END
第7章
末期
187.
187.
Pilate had boasted of his power to do what he chose with his prisoner; but he was in reality very weak. ピラトは、囚人を自分が決めた通りにする権力があるといったが、実際には彼は非常に弱かった。
He came forth from his private interview determined at once to release Him. 彼はイエスに直接会って、直ちに彼を釈放する決心をした。
The Jews saw it in his face; and it made them bring out their last weapon, which they had all along been keeping in reserve: they threatened to complain against him to the emperor. ユダヤ人たちは彼の顔からそれを読み取った。そしてそれが、彼らがそれまでずっと持っていた彼らの最後の切り札を持ちださせた。彼らは、ピラトを皇帝に訴えるといって脅したのであった。
This was the meaning of the cry with which they interrupted his first words, ‘If you let this man go, thou art not Caesar’s friend.’ これが、彼らはピラトの言い出すのをさえぎって叫んで、「あなたがこの男を釈放するなら、あなたは皇帝の友ではない。」、と言った意味であった。
This had been in both their minds and his all through the trial. これは、彼らの思いにもピラトの思いにも、全裁判過程を通じて存在したものであった。
It was this which made him so irresolute. ピラトをあのように優柔不断にさせたのはこのためであった。
There was nothing a Roman governor dreaded so much as a complaint against him sent by his subjects to the emperor. ローマの総督たちにとって自分に関する事柄で、皇帝に訴えられることほど恐ろしいことはなかった。
At this time it was specially perilous; for the imperial throne was occupied by a morbid and suspicious tyrant, who delighted in disgracing his own servants, and would kindle in a moment at the whisper of any of his subordinates favouring a pretender to royal power. この時点では殊更に危なかった。当時皇帝の冠は病的で疑り深い暴君の頭にあった。彼は自分の臣下たちを失脚させることを喜んだ。彼の臣下の誰かが、皇帝の力を装う人物に好意的であるといううわさによって、直ちにその火がつきかねないのであった。
Pilate knew too well that his administration could not bear inspection, for it had been cruel and corrupt in the extreme. ピラトは彼の政治が監査に耐え得ないことを熟知していた。なぜなら彼の施政は残虐と腐敗の極値であったからである。
Nothing is able so peremptorily to forbid a man to do the good he would do as the evil of his past life. 人が何か善いことをしようとする時、彼の過去の罪ほどそれをとどめる圧力となるものはない。
This was the blast of temptation which finally swept Pilate off his feet, just when he had made up his mind to obey his conscience. ピラトが自分の良心に従う決心をした丁度その時、彼の足をすくった誘惑がこれであった。
He was no hero, who would obey his convictions at any cost. 彼はいかなる犠牲を払ってでも良心に従う英雄ではなかった。
He was a thorough man of the world, and saw at once that he must surrender Jesus to their will. 彼は如才のない世の人であって、直ちにイエスを彼らの意に任せるほかはないと見て取った。
188.
188.
However, he was full not only of rage at being so completely foiled, but also of an overpowering religious dread, calling for water, he washed his hands in the presence of the multitude and cried, ‘I am innocent of the blood of this just Person.’ しかしながら、彼は完全に邪魔されたことへの怒りに満たされていただけでなく、宗教的な恐れにも圧倒されていた。それで、水をもってこさせ、群衆の前で手を洗って叫んだ。「私には、この人物の血に責任がない。」
He washed his hands when he should have exerted them. 彼は、手を用いるべき時に、それを洗った。
Blood is not so easily washed off. 血はそんなにたやすく洗い流すことができない。
But the mob, now completely triumphant, derided his scruples, rending the air with the cry, ‘His blood be upon us and on our children!’ しかし群衆はいまや完全に勝ち誇り、ピラトがためらうことをあざ笑って、叫び返した。「彼の血の責任は、私たちと私たちの子孫にかかってよい。」
189.
189.
Pilate felt the insult keenly and, turning on them in his anger, determined that he too should have his triumph. ピラトは鋭く侮辱を感じ、彼の怒りを彼らに投げ返し、かれもまたその勝利に与ろうとした。
Thrusting Jesus forward more prominently into view, he began to mock them by pretending to regard Him as really their king, and asking, ‘Shall I crucify your King?’ 群衆にイエスが真に彼らの王とみなされるように、イエスをさらによく見える場所に押し出して質問した。「私があなた方の王を十字架につけるのか?」
It was now their turn to feel the sting of mockery; and they cried out, ‘We have no king but Caesar.’ 今度は彼らがあざ笑いの棘を感じる番であった。だが彼らは「カイザル以外に私たちには王がありません。」と叫びだした。
What a confession from Jewish lips! ユダヤ人たちのくちびるから出た何という告白であろうか!
It was the surrender of the freedom and the history of the nation. それは自由と国民の歴史を放棄することであった。
Pilate took them at their word, and forthwith handed Jesus over to be crucified. ピラトはからのことばをとらえ、ただちにイエスを十字架につけるために引き渡した。
190.
190.
The Crucifixion. 十字架刑
—They had succeeded in wresting their victim from Pilate’s unwilling hands, ‘and they took Jesus and led Him away.’ ---彼らはそれを望まなかったピラトから、獲物を奪い取ることに成功した。「そして彼らはイエスを受け取って連れて行った。」
At length they were able to gratify their hatred to the uttermost, and they hurried Him off to the place of execution with every demonstration of inhuman triumph. 紆余曲折の後、彼らの嫌悪を極限までも満足させることができた。ありとあらゆる非人間性の勝利を見せつけながら、イエスを死刑執行の場所へとせきたてた。
The actual executioners were the soldiers of the governor’s guard; but in moral significance the deed belonged entirely to the Jewish authorities. 実際の死刑執行人は総督の護衛兵たちであったが、道義的な認識としては完全にユタヤ人指導者たちに責任があった。
They could not leave it in charge of the minions of the law to whom it belonged, but with undignified eagerness headed the procession themselves, in order to feast their vindictiveness on the sight of His sufferings. 彼らは刑を執行する下っ端の役人たちに任せておくことができなかった。イエスの苦しむ姿に彼らの復讐心を満足させるために、なりふりかまわぬ熱心をもって彼らの先頭に立った。
(つづく)