同労者

キリスト教—信徒の志す—

一度は原書を読みたい本

 − キリスト伝(36) −
THE LIFE OB JESUS CHRIST
James Stalker

「キリストは、私たちのために、ご自分のいのちをお捨てになりました。それによって私たちに愛がわかったのです。」
(Iヨハネ3:16)

CHAPTER VII
THE END
第7章
末期
182.
182.
Then ensued a course of procedure on the part of Pilate by which he made himself an image of the time-server, to be exhibited to the centuries in the light falling on him from Christ. それからピラトによる裁判が開始されたが、それによって彼は自分自身を典型的日和見主義者としてしまい、キリストから彼の上に注ぐ光の中で、以後幾世紀にわたって人々の目に晒されることになった。
It was evidently his duty, when Jesus returned from Herod, to pronounce at once the sentence of acquittal. イエスをヘロデから返されたとき、直ちに釈放を告げることが明らかに彼の義務であった。
But, instead of doing so, he resorted to expediency, and, being hurried on from one false step to another, was finally hurled down the slope of complete treachery to principle. しかし、彼はそうする代わりに、安直な手段を模索した。そして、一方の誤ったステップから反対側のやはり誤ったステップへと急いだ。その結果ついに完全に道理に反する坂を転げ落ちることになった。
He proposed to the Jews that, as both he and Herod had found Him innocent, he should scourge and then release Him; the scourging being a sop to their rage and the release a tribute to justice. 彼はユダヤ人たちに、自分もヘロデもイエスは無罪であると判断したから、イエスをむち打ちにした後解放しようとユダヤ人たちに提案した。むち打ちにすれば彼らの怒りがやわらぎ、解放が正義に資すると思った。
183.
183.
The carrying out of this monstrous proposal was, however, interrupted by an incident which seemed to offer to Pilate once more a way of escape from his difficulty. この奇妙な提案は、しかしながら、ピラトにとって困難からもう一度逃れることができるかも知れないと思われるあるできごとによって妨げられた。
It was the custom of the Roman governor on Passover morning to release to the people any single prisoner they might desire. それはローマの支配者が過越の祭の朝に、彼らが望む囚人一人を解放する習慣であった。
It was a privilege highly prized by the populace of Jerusalem, for there were always in jail plenty of prisoners who, by rebellion against the detested foreign yoke, had made themselves the heroes of the multitude. それはエルサレムの民衆から高く評価されていた特権であった。なぜなら囚人の多くが常に外国のくびきに刃向かうことによって拘留されていたから、彼らは群衆から英雄と見なされていたのであった。
At this stage of the trial of Jesus, the mob of the city, pouring from street and alley in the excited Oriental fashion, came streaming up the avenue to the front of the palace, shouting for this annual gift. イエスの裁判のこの段階で、通りから宮殿の前まで毎年の贈り物を求めて叫んでいる町の群衆が、東洋的な興奮で町々を埋め尽くしていていた。
The cry was for once welcome to Pilate, for be saw in it a loophole of escape from his disagreeable position. その叫び声は一時、ピラトは喜んだ。なぜなら彼は納得のできない状況から解放されると思ったからであった。
It turned out, however, to be a noose through which he was slipping his neck. しかし、彼の首から滑り落ちた縄はもう一度巻き付いた。
He offered the life of Jesus to the mob. 彼は群衆にイエスのいのちを提供しようと言った。
For a moment they hesitated. 一瞬彼らは躊躇った。
But they had a favourite of their own, a noted leader of revolt against the Roman domination; and besides, voices instantly began to whisper busily in their ears, putting every art of persuasion into exercise in order to induce them not to accept Jesus. しかし、彼らにはローマの支配に反逆する著名なリーダーがいたのであった。おまけに彼らを手段を尽くして、イエスの解放に同意させまいとするささやきが忙しく彼らの耳に入った。
The Sanhedrists, in spite of the zeal they had manifested the hour before for law and order, did not scruple thus to take the side of the champion of sedition; and they succeeded only too well in poisoning the minds of the populace, who began to shout for their own hero, Barabbas. 法と秩序を公言していたサンヒドリンの議員たちも、もはや騒擾のリーダーたちに与することを躊躇わなかった。そして彼らは群衆を毒することに成功した。彼らは自分たちの英雄であるバラバを、と叫んだ。
‘What, then, shall I do with Jesus?’ asked Pilate, expecting them to answer, ‘Give us Him too.’ 「かれと同じにしろ!」と叫ぶことを期待してピラトは訪ねた。「ではわたしはイエスをどうしたらよいのか?」
But he was mistaken; the authorities had done their work successfully; the cry came from ten thousand throats, ‘Let Him be crucified!’ しかし彼は誤っていた。指導者たちは自分の仕事をなし終えていた。彼らは一万人の喉をもって叫んだ。「十字架につけろ!」
Like priests, like people; it was the ratification by the nation of the decision of its heads. この祭司にしてこの民衆がある。それは首脳陣の決定に対する国民の承認であった。
Pilate, completely baffled, angrily asked, ‘Why, what evil hath He done?’ ピラトは完全に狼狽し、怒って訪ねた。「彼が何をしたというのか?」
But he had put the decision into their power; they were now thoroughly fanaticised, and yelled forth, ‘Away with Him; crucify Him, crucify Him!’ しかし、彼は決定を彼らの力にまかせた。彼らは完全に狂ったようにわめいた。「彼を除け!十字架につけろ!十字架につけろ!」
(つづく)