同労者

キリスト教—信徒の志す—

一度は原書を読みたい本

 − キリスト伝(34) −
THE LIFE OB JESUS CHRIST
James Stalker

「キリストは、私たちのために、ご自分のいのちをお捨てになりました。それによって私たちに愛がわかったのです。」
(Iヨハネ3:16)

CHAPTER VII
THE END
第7章
末期
178.
178.
Forced against their hopes to bring forward formal charges, the Jewish authorities poured out a volley of accusations, out of which these three clearly emerged—that He had perverted the nation, that He forbade to pay the Roman tribute, and that He set Himself up as a king. 形式的な告訴で済ませようとした彼らの希を蹴られたので、ユダヤ人の指導者たちは数々の罪状を口にした。その中に三つの明確な事柄が浮かび上がった・・彼は国民を誤った方向に導き、ローマへの税金を支払わないように国民を扇動し、彼自身が王の座についた、と。
In the Sanhedrin they had condemned Him for blasphemy; but such a charge would have been treated by Pilate, as they well knew, in the same way as it was afterwards treated by the Roman governor Gallio, when preferred against Paul by the Jews of Corinth. サンヒドリン議会内で彼らがイエスを責めたのは冒涜の罪のためであった。しかしそのような罪状ではピラトに裁判してもらえなかったことであろう。そのことを彼らはよく知っていた。後にコリントでユダヤ人に訴えられたパウロについて、ローマ総督ガリオがしたのと同じ方法であった。
They had there­fore to invent new charges, which might represent Jesus as formidable to the government. それで彼らは新しい罪状を仕立て上げたが、それは総督にとってイエスは恐ろしい存在であることを分からせなければならないものだった。
It is humiliating to think that, in doing so, they resorted not only to gross hypocrisy, but even to deliberate falsehood; for how else can we characterise the second charge, when we remember the answer He gave to their question on the same subject on the previous Tuesday? そのようになされたことを率直に考えてみれば、彼らの訴えは偽善であったばかりでなく、熟考された虚偽であった。先週の木曜日に同じ題目の質問に彼が答えた内容を思い出すとき、私たちは二番目の罪状をどうして特定できようか。
179.
179.
Pilate understood their pretended zeal for the Roman authority. ピラトは彼らがローマの支配に熱心であるふりをしているだけであることを知っていた。
He knew the value of this vehement anxiety that Rome’s tribute should be paid. 彼は、ローマの税金は納めるべきであるという彼らの熱心な主張の裏を知っていた。
Rising from his seat to escape the fanatical cries of the mob, he took Jesus inside the palace to examine Him. 彼は群衆のこの熱狂的な叫び声から逃れようと席を立ち、イエスを審問するために宮殿の中に連れて行った。
It was a solemn moment for himself, though he knew it not. それは彼自身が気付いていなかった彼にとっての重大な時であった。
What a terrible fate it was which brought him to this spot at this time! その時その所に彼がいたことはなんと恐ろしい定めであったことであろう!
There were hundreds of Roman officials scattered over the empire, conducting their lives on the same principles as his was guided by; why did it fall to him to bring them to bear on this case? 帝国中に何百人ものローマの官吏がおり、彼が導かれていたものと同様の理念で生きていた。なぜこの裁判が彼のもとにもたらされたのであろうか?
He had no idea of the issues he was deciding. 彼は自分が決定しようとしているこの件に関して、なにも知らなかった。
The culprit may have seemed to him a little more interesting and perplexing than others; but He was only one of hundreds constantly passing through his hands. この被告人は他の被告人に比べ彼にとって若干多くの興味があり、当惑する者のように見えたが、ピラトにとって彼の手を通り過ぎた数百人のひとりに過ぎなかった。
It could not occur to him that, though he appeared to be the judge, yet both he and the system he represented were on their trial before One whose perfection judged and exposed every man and every system which approached Him. 彼は裁判官として立っているが、彼と彼に象徴される仕組みの両方が、イエスに近づくすべての人々、すべてのシステムが晒されるのと同じく、やがてイエスの完全な審判のもとに晒されることになるのだということは、彼には思いもよらないことであった。
He questioned Him in regard to the accusations brought against Him, asking especially if He pretended to be a king. ピラトはイエスに彼に対する罪状について質問した。殊にイエスが王になろうとしているのか否かについてであった。
Jesus replied that He made no such claim in the political sense, but only in a spiritual sense, as King of the Truth. イエスはその罪状については政治的な意味では違うが、霊的な意味では彼は真の王であると答えた。
This reply would have arrested any of the nobler spirits of heathendom, who spent their lives in the search for truth, and was perhaps framed in order to find out whether there was any response in Pilate’s mind to such a suggestion. この回答は生涯真理を探究して生きる高貴な精神の異教徒ならだれでもこころひかれることばであった。そしてそのような暗示が、ピラトの心にどのような反応をもたらすかどうかを見るための炎であったことであろう。
But he had no such cravings and dismissed it with a laugh. しかしピラトはそのような洞察力を持ち合わせていなかった。そしてそれを一笑に付した。
However, he was convinced that, as he had supposed, there lurked nothing of the demagogue or Messianic revolutionist behind this pure, peaceful and melancholy face; and, returning to the tribunal, he announced to His accusers that he had acquitted Him. しかしながら、彼はこの清純、平和でもの悲しい顔つきの背後に、煽動家とかメシヤ的な革命家の姿は全くないことを納得し、裁判所に戻って彼を訴追する人々にイエスを放免する旨を告げた。
(つづく)