同労者

キリスト教—信徒の志す—

読者の広場 <短歌>

— 雲を見て —

鈴木 健一

自然の中でしばらくじっとしていると、普段見えなかったものが見え、思わなかったことを思うようになります。どんなに独りよがりで無茶をしてきたかを思って、冷や汗をかきます。そして、気づかなかった神様のみ守りがあったことに感謝しています。
     (二首目の「あたりゆ」の「ゆ」は、「から」という意味です。)
土手の草に寝ころび見入る
わた雲のわずかに動き
輝きをます

積雲(つみぐも)の頂きあたりゆ
見下ろさば目も眩むらむ
地にて七十路(ななそじ)

目の眩む崖の上(え)
敢えて行くことを良しとしたりき
妻も子もいて
(インマヌエル大宮キリスト教会 会員)

Valid XHTML 1.0 Strict