同労者

キリスト教—信徒の志す—

一度は原書を読みたい本

 - イエスの品性(15) -
THE CHARACTER OF JESUS
Charles Edward Jefferson

「我が愛する者は白くかつ紅にして萬人に越ゆ」(雅歌 5:10 文語訳)

14. THE CHIVALRY OF JESUS 第14章 イエスの礼節
"And touched him." --- Matthew 8:3 「そして彼に触れられた。」 --マタイ 8:3
I have found difficulty in finding a word to express the quality of Jesus to which I now desire to invite your attention.  私は今、あなた方に注意を向けて貰いたいと願っているイエスのある属性を表現することばを見いだすことに困難を覚えている。
This quality is courage, but it is something more than courage. この属性は勇気ではあるが、しかし勇気以上の何かである。
Courage is a temper of the heart, a firmness of spirit in the presence of difficulty and danger. 勇気は心の気質のひとつであって、困難と危険に遭遇したときの心の堅牢さである。
But there are many kinds of courage. しかし勇気にもいろいろな種類がある。
There is first of all bravery, and intrepid sort of courage which has in it a certain daring which ordinary courage does not have. 勇気の最初にくるものは勇敢さであり、通常の勇気では持ち得ないある種の危険をあえてなす、恐れを知らぬ大胆さがある。
Bravery steps ahead of courage and takes risks which the letter does not invite. 勇敢さは勇気の先を行き、誰も望まないリスクをあえて取るのである。
Moreover there is fortitude or courage in its passive form. さらにその上、不屈の精神あるいは受け身の形の勇気がある。
If bravery rushes forward to attack, fortitude holds its ground and endures. もし勇敢さが攻撃にむかって突進するのであるなら、不屈の精神はその基礎と忍耐を保つのである。
And then again there is valor which we have consecrated for service on the battlefield, and gallantry which is an adventurous and splendid variety of heroism --- heroism as it were with a halo. そしてさらに武勇がある。それは戦場において仕えるために身を献げることである。
危険で華麗多様なヒロイズムの勇敢さがある。ヒロイズムはあたかも後光が差しているようなものである。
But not one of these words is rich or wide enough to express all that is in my mind when I contemplate a certain side of the courageous heart of Jesus. しかしこれらのどの語も、豊かにあるいは広く、イエスの心の勇敢さのある面を、完全に私の思いどおりに表現することはできない。
He was heroic but he was more than that. 彼は英雄のようであったがそれ以上のものであった。
His heroism was a superb gallantry and something more. 彼の英雄主義には勇壮さを超越する何かであった。
There was in it a delicious courtesy, a beautiful and gentle graciousness toward the weak and helpless. 弱いもの、助けを要するものへの素晴らしい礼儀とうるわしく優しい恵みがあった。
Possibly we can find no better word to cover this rich characteristic of the heart of Jesus than the word "chivalry." 恐らく私たちは「礼節(騎士の精神)」と言う語以上に、このイエスの心の豊かな特性をカバーするもっとよい語を見いだすことはできないであろう。
It is a word taken from the world of knighthood. それは騎士道という語に由来している。
The very sound of the word has magic in it, and calls up before the eyes splendid troops of heroic men who went forth in the mediaeval times to protect the weak, maintain the right, and live a stainless life. ことばというものはまさにその響きに魔法がある。それは、私たちの眼前に広がる、中世時代の弱い者を守り、正義を保ち、汚点の無い人生を生きる、華麗な英雄の群れを呼び出す。
In a world from which justice had been largely banished and in which might had usurped the place of right, the knight arose to defend the weak and to bring just causes through to victory. 正義が失せ正しさが力で追放される世に、騎士が立ちあがって弱い者を守り正義に勝利をもたらす。
Woman especially was the object of his care. 女性は殊に彼の気配りの対象となる。
By her weakness she appealed to that which was deepest in his heart. 彼女の弱さによって、彼女は彼の心の深みに訴える。
By defending her and all others who like her were at the mercy of the brute powers of a barbaric world the knight won for himself a shining place in history and gave to chivalry a splendor which will never fade. 未開地の野蛮な力の中での愛情に、彼女と彼女同様に全てのほかの人々を守ることによって、その騎士は歴史上決して色あせることのない華麗な騎士道を彼自身のために獲得するのである。
Jesus of Nazareth was a knight. ナザレのイエスはひとりの騎士であった。
On foot he travelled forth, clad in the armor of a peerless manhood, to shield the weak, maintain the right, and live a life which should charm and win the world. その足で彼は前進した。比類のない男の甲冑を身につけ、弱い者を庇護し、正義を擁護し、世を魅了し世に勝つ生涯を生きた。
At the head of the great company of knightly souls by whose bravery and prowess the world has been made better, stands this knight of knight, this chivalric Man of Galilee. その勇敢さ、大胆さによって世がより良くなる騎士精神を有する偉大な仲間の頭として、この騎士中の騎士、この騎士的なガリラヤの人は立っている。
His gracious courage first manifested itself at the river Jordan on the day on which he was baptized.  彼の恵みに満ちた勇気はまずヨルダン川で洗礼を受けられたときに示された。
John did not want to baptize him. ヨハネはイエスに洗礼を施すことを望まなかった。
There was no reason why he should be baptized. イエスには洗礼を受けなければならない理由がなかったからであった。
His heart was unstained by sin and the baptism of John was a baptism of repentance. 彼の心は罪によるしみはなく、ヨハネの洗礼は悔い改めの洗礼であったから。
To be baptized, therefore, might lead to misunderstandings and give rise to misrepresentations. それ故、洗礼を受けることは、誤解を招き、誤った概念を与えかねなかった。
There were many risks in this yielding of himself to baptism, but he accepted them all because his great soul yearned to identify himself with this countrymen, with the common race of men. イエスの洗礼という謙りは多くの危険性をはらんでいたが、彼の偉大な魂は人間と同じ種でありこの国人であるという確認を勝ち取るためにそれに同意したのであった。
Men were sinners, they needed repentance, they needed just the baptism to which the prophet of the desert was calling them, and this young carpenter from Nazareth, with no need in his own soul for the baptismal water, goes bravely forward saying, "I too must be baptized." 人々は罪人であり、彼らは悔い改めを要していて、荒野で彼らを呼んでいる預言者の洗礼を正に必要としていたのであった。けれどもこの若いナザレの大工は彼自身の魂のためにはそれを必要としていなかったが、大胆に進み出て言った。「私も洗礼を必要としている。」
Strong himself, he will identify himself with this reformatory movement. 彼はヨハネの改革運動に、彼自身が一致していることを強く望んだ。
Lifted above the sins of ordinary humanity he will link himself at the very start with those who carry on their hearts the burden of transgression and who cry out day and night for deliverance. 罪の重荷を心に持ち、救いを求めて日夜叫んでいるこれらの人々と、彼自身を結びつけることは、普通の人々を罪から引き上げるための出発点であった。
A knight he was at the beginning; a knight he will be to the end. 彼はその最初に騎士であったから、最後までそうであったことだろう。
Mark how his soul goes out to those who suffer.  マルコは彼の魂が、いかに病む人々のために努力したか記している。
Physical distress pierced him and wrung his heart. 肉体の病気は彼を刺し彼の心を苦しめた。
Sickness in the first century did not receive the attention which it receives in ours. 一世紀においては、病気は私たちの時代に受け取られるような関心をもって受け取られなかった。
The poor were allowed to suffer unattended and to die unrelieved. 貧しい人々は病んでも介護されず、死ぬまで放置されることが当たり前であった。
There were no hospitals such as ours, and no earnest bands of philanthropic men and women giving their lives to the alleviation of pain and to banishing the terrors of the dying hour. 私たちの時代のような病院はなく、苦痛を和らげ、死の時の恐怖を打ち消すために人生を捧げる熱心な慈善団体の男女はいなかった。
Insane people were not housed and cared for. 正気でない人々が収容され、介護されることはなかった。
Supposed to be possessed by devils, they were driven out of the town and allowed to wander in cemeteries and desert places, a terror to all who heard their shrieks and cries. 悪霊つきだと思われた人々は、町から追い出され共同墓地や荒れ野をさまよい歩いた。彼らの泣き叫ぶ声はすべての人々の恐怖であった。
Jesus pitied them. イエスは彼らを憐れんだ。
No one else reached out to them a helping hand. 彼らに助けの手をさしのべるために彼らのところに行った人はいなかった。
The Evangelists take delight in telling us how again and again he healed those who were afflicted with demons. 大衆伝道者たちは悪霊の影響下にあった人々がいやされたこと繰り返しのべることをなんと喜んでいることであろう。
If there was a man in Palestine more dreaded than a maniac it was a leper. パレスチナで狂人よりも恐れられた人がいたが、それはらい病人であった。
But even the leper was not beyond the reach of Jesus' heart. しかしらい病人でさえイエスの心の届かないところにはいなかった。
Men turned their backs upon him. 人々は彼に背を向けた。
Laws prescribed the distance which he must keep from every other human being. 律法には、らい病人はほかのすべて人々から一定の距離を保たなければならないと記されていた。
Between him and all others there was a deep gulf fixed, but this Knight of Nazareth crossed the chasm and to the consternation of all Palestine not only spoke kindly to the leper, but laid his hand upon him. 彼と他の人々との間には深淵が置かれていたが、このナザレの騎士は裂け目を渡り、らい病人にやさしく語りかけただけでなく彼らの上に手を置いたことはパレスチナのすべての人々を驚愕させた。
His heart was ever open to the neglected and forlorn.  彼の心はなおざりにされた寂しい人々に対して常に開かれていた。
Between Galilee and Judea there lived a tribe of people, half Jewish and half Pagan, who in their religion as well as in their blood exhibited a degeneration from the high ideals of the early times. ガリラヤらやとユダヤの間に、ユダヤ人と異邦人との半々の混血の人々の種族が住んでいた。彼らの宗教も、その血が示していると同様に、初期の高い理想から退化していた。
Degenerates and apostates, they were held in deep abhorrence by Hebrews whose hearts were true to the high traditions of their country. 退化と変節、彼らは自分の国の高い伝統に心が真実であるヘブル人たちからひどく嫌われていた。
It was only in cases of necessity that a Jew could be induced to pass through the region inhabited by these people. これらの人々が居住している土地を通り過ぎるのは、どうしても仕方のない場合に限られていた。
Jesus not only passed through Samaria, but he tarried there and taught the people just as he taught the men of Judea and Galilee. イエスはサマリヤを通り過ぎたのみでなく、そこに滞在し、ユダヤやガリラヤの人々にしたのと同じように人々に教えた。
They were outcasts, but they were also human, and if they had no protector or friend, he at any rate would befriend them. 彼らは追放された人々であったが、同じ人間であった。もし彼らが保護者や友人を持たなかったなら、彼はいかなる程度においてでも彼らと親しくなることはできなかったであろう。
Some of them might not understand how to receive him, but such churlish conduct could not dampen the ardor of his interest in them. 彼らの一部はどのようにイエスを受け入れるべきか知らなかった。しかしそのような田舎の人の行動もイエスの彼らに対する興味を損なうことはなかった。
The disciples with blazing hearts might want to burn up a Samaritan village, but the Knight of Galilee came not to destroy but save. かっとなる性格の弟子たちはサマリヤの村を焼き払いたいと思ったが、ガリラヤの騎士は滅ぼすためではなく救うためにきたのであった。
No man could take his place awful penalty, and Jesus paid it. 彼の身に起こる恐ろしい罰金を受けることは誰にもできなかったが、彼はそれを支払った。
Men gnashed their teeth and hissed, "You are a Samaritan." 人々は歯ぎしりして「お前はサマリヤ人だ」と非難した。
That was the most cutting thing it was possible for them to say, but he never swerved from his course. それは彼らにいうことのできるもっとも傷つけることばであった。しかし彼は自分の道からそれることはなかった。
He healed Samaritan lepers as freely as any others, and when he painted a man who represented his ideal of goodness he painted him with the features and dress of a Samaritan. 彼はサマリヤ人のらい病人をほかの人々と同じように癒した。そして彼は彼の善の理想を一人の人物によって描いたとき、彼はサマリヤ人の姿と装いでそれを描いた。
The parable which has probably taken the deepest hold on the heart of the world of all the parables which Jesus spoke is the parable of the "Good Samaritan." イエスが語られたたとえ話の中で世界中の人々の心をもっとも感動させるものは、「善いサマリヤ人」のたとえである。
The creation of that parable was a sublime act of chivalry. たとえ話の創作は崇高な礼節の行為である。
There were out casts even in Galilee and Judea.  ガリラヤとユダヤにも捨てられた民たちがいた。
There were people who were estranged from organized religion. 組織的な宗教から引き離された人々いた。
They neglected the observances and regulations of the synagogue, and were labelled "sinners" by the pious. 彼らは会堂に入ることも習慣を守ることからも無視された。そして敬虔だと呼ばれる人々から「罪人」というレッテルを貼られた。
They were not in all cases profligates or vagabonds, but simply men and women who had no liking for the ceremonies of the church and who took no interest in the Rabbis or their teachings. 彼らが全部不道徳な浮浪者であるわけではなく、ラビたちや彼らの教えに興味をもたない、教会の儀式を好まないだけの男女であった。
The Rabbis in return took no interest in them. 律法学者たちは彼らになんの関心も抱かなかった。
They were counted renegades and apostates, from whose society it was well that all decent people should hold aloof. 彼らは世から裏切り者、背教者と見なされ、すべてのまともな人々は彼らから離れていなければならないのが当然であるとしていた。
In many of these people there were aspirations after better things, and in all of them there were the deep hungers and warm feelings of our common humanity. これらの人々の多くはよいことを望んでいたし、普通の社会の暖かい感触に深い飢えかわきを持っていた。
But they were outcasts. しかし彼らは追放された者たちであった。
The church had laid a ban upon them. 教会は彼らを破門した。
They were dangerous. 彼らは危険と見なされた。
Their example was demoralizing, their ideas were poison. 彼らの行動は風紀を乱し、彼らの考えは毒であった。
No one who cared for his reputation as a God-fearing man dared to associate with them. あの人は神を恐れているという自分の世評を気にする人は、決して彼らの仲間にはならなかった。
No Rabbi in all Palestine would risk his good name by dining with any one of them. パレスチナ中に彼らの誰かと食事をともにして自分の名声に対するリスクを負う律法学者はだれもいなかった。
But Jesus was not a man to be deterred by the execrations of polite society. しかしイエスは上流社会が嫌悪するからといって思いとどまるような人ではなかった。
The so-called sinners were human beings, and because children of God they were not to be despised. いわゆる罪人たちは人間であって、軽蔑されるべきではない神の子どもたちであった。
If no other religious teacher would go among them, he would. 彼らの間に入っていく宗教指導者がだれもいないなら、彼は出かけていった。
He did. 彼はそうしたのであった。
He made himself of no reputation. 彼は自分の名声を求めなかった。
He sat down with sinners and ate with them. 彼は罪人たちと座り、ともに食事をした。
The Pharisees never forgave him. パリサイたちはそれを決して赦すことができなかった。
His courtesy to the unchurched masses hastened the day of his crucifixion. 彼の教会を破門された大衆への親切は、彼の十字架刑の日を早めた。
Among the so-called sinners there was a group of men lower than all the others, known as Publicans.  いわゆる罪人たちの間でも、他のすべての人々よりさらに低くされている人々がいた。彼らは取税人として知られていた。
These were tax collectors whose business it was to collect Jewish money and send it up to Rome. 彼らはユダヤ人から税を集めローマに送ることを仕事としている収税人たちであった。
The tax collector is never a popular personage, and if he collects money to send to an outside and tyrannical power he is not only unpopular but execrated. 取税人は決して評判のよい人ではなかった。もし彼がお金を集め他国その暴君の元にそれを送ったなら、単に評判が悪くなるだけでなく呪われたのであった。
The Publicans of Palestine were hated with a fury of detestation which modern society cannot parallel. パレスチナの取税人は、現代社会では比べるものがない激しい憎悪をもって嫌われた。
Publicans were counted lower than street dogs. 取税人は野良犬よりも低く数えられた。
The Jewish church would not allow them even to contribute to its treasury. ユダヤ教会はその財政に彼らが寄与しても彼らを許すことは決してなかった。
But Jesus made friends of these men. しかしイエスはこれらの人々のうちに友をつくった。
They were friendless, and in many cases of unsavory character, but he was a physician, and like all true physicians he was especially interested in those who were dangerously ill. 彼らには友がなく、多くの場合その品性は芳しくなかった。しかしイエスは癒し主であり、すべての実際の医者たちのように、ひどく病む人々に殊に関心を抱いた。
Not only did he go into their homes and eat with them in a cosmopolitan city like Capernaum, but he dined with a prominent leader of the Publicans in the old priestly city of Jericho. カペナウムのような大都会で彼らの家に行って彼らと共に食したのみでなく、祭司の町エリコの名の知れた取税人のリーダーと会食した。
Not only did he eat with them, but when the time came to select twelve men who should be his most intimate friends and most conspicuous workers, one of them was a Publican. 彼らと共に食事をしたのみでなく、彼のもっとも身近な友であり人目につく働き人である12人を選んだとき、その一人は取税人であった。
And then as if to push his chivalry to a climax he painted a picture of two men praying in the temple --- one a Pharisee and the other a Publican. そして彼の礼節の頂点に印を押すかのように、彼は神殿で祈る二人の人物を描いた--その一人はパリサイ人もう一人は取税人であった。
One need not wonder that the Pharisees cried: "Crucify him!" パリサイ人たちが「あいつを十字架に架けろ!」と叫んだのをいぶかる事はない。
When was a knight ever so reckless in throwing his protection round the weak? 騎士が弱いものたちの周りに彼の庇護を投げかけるのは無茶なことだろうか?
But as is the case with all true knights, it is in his attitude to woman that Jesus' chivalry reaches its finest expression.  すべての真の騎士の場合と同様に、イエスの礼節がもっともうるわしく表されたのは彼の女への態度においてであった。
Woman has never been fairly treated in the Orient.
東洋においては女が公正に取り扱われたことはなかった。
She has always been counted inferior to man. 女は常に男より下位のものと見なされた。
Sometimes she has been a toy, most frequently a drudge, and always something a little higher than an animal but far lower a man. ときには玩具であり、もっともしばしば仕事をするひとであって、けものよりちょっと高いが男よりはるかに下であるとされた。
The degradation of woman in such countries as India, for example, is a shock and a bewilderment to all observing travellers. 例えばインドのような国における女の身分の低さは、それを観察するすべての旅行者の衝撃と困惑である。
The Hindu treatment of woman is a tragedy the full blackness of which has never been realized by the people of the West. ヒンズー教の女の扱いは西欧の人々が考えたこともないほど暗黒に満ち悲惨である。
Those who best understand the Indian problem assert that there is no hope for India until woman is given there her rightful place. インドの問題をよく理解した人々は、女が正しい地位を与えられないならインドには望みがないと主張している。
It is with such facts in mind that we are able to appreciate the grotesque folly and the ludicrous ignorance of those American women who have an inextinguishable craving for the religions of the distant East. そのような事実をこころに止めるとき、私たちは遠い東洋の宗教に燃えるあこがれを抱くアメリカ人の女たちが、いかに奇怪な愚行者であり、笑わざるを得ない無知者であるか分かる。
These women, not satisfied with Christianity, and being somewhat weary of the teachings of Jesus, sit spellbound at the feet of sundry Hindu teachers, who without authority or standing in their own country come to America to expound the beautiful ideas of Oriental religion. これらの女たちはキリスト教に満足できず、イエスの教えになにか飽きて、いろいろなヒンズー教の教師のもとに座るのであるが、彼らは自分の国では権威ある者とされないにもかかわらず、アメリカにやってきて東洋の宗教の美しい理想を吹聴するのである。
These teachers have much to say in poetic phrases about ideas exquisitely nebulous, and conceptions which are so vague that cannot be grasped even by the minds to which they bring rapture, but they have nothing to say about the place of woman as that place is taught in orthodox Hinduism or as that place is established in the best Hindu society. これらの教師たちは極めてあいまいな思想と、こころに破壊をもたらすつかみ所のない非常に漠然とした概念に関する詩的なフレーズを多く語るが、正当なヒンズー主義の教えられるところあるいはヒンズー社会が打ち立てられているところでは女の地位について語る何ものをも持っていないのである。
It is both farcical and pathetic --- this trailing of American women after these Eastern teachers, and the quickest way to end it is to let the West know just what India has to teach and show in regard to the place and rights of woman. このこれらの東洋の教師たちに従うアメリカの女たちの足跡は茶番であり痛ましい。そしてそれは西洋人が、インドが女の地位と権利をどうみなしているかを知る最も速い方法である。
It is amazing that any informed man should ever leave Jesus for any other teacher, but it is tenfold more astounding that any woman in her right mind should ever turn her back on the one man who has done more for woman than all the other men who have ever lived. だれか博識な人が、イエスを離れてほかの教師のところにいくとは驚くべきことである。しかしだれか女が、正気でかつて存在したいかなる人よりも彼女によいことをなした人に背を向けるとはその10倍も仰天すべきことである。
Of all the knights who have risked their lives for the protection and honor of womanhood not one is worthy to unloose the latchet of the shoes of this gracious and gallant Man of Galilee. その生涯を女の保護と名誉のために生きるリスクを負ったすべての騎士たちも、このガリラヤの恵み深く雄々しい人物の靴のひもを解くにも値しないのである。
How boldly he spoke on the subject of divorce. いかに勇敢に、彼は離婚の問題について語ったことであろうか。
Woman's position in Palestine was superior to that of woman in surrounding nations, but even in Palestine she was at the mercy of the man. パレスチナにおける女の地位は、周囲の国々の女たちにはまさっていたが、そのパレスチナにおいてさえ男の意のままであった。
A man could divorce his wife when he chose, and all that the law required was that he should write out a statement declaring that whereas this woman was once his wife she was now his wife no longer. 男は彼の妻をいつでも離婚することができ、律法の要求は、ただかれがこの女がかつて自分の妻であったが、今、もはや彼の妻ではないことを宣言する文書を書くだけであった。
But against such arbitrary and dangerous authority the chivalric soul of Jesus protested.  しかしそのような自由裁量の危険な権利に対して、騎士の精神のイエスは抵抗した。
Men reminded him that such liberty had been granted to man by Moses, but he immediately replied that Moses would never have allowed any such license had he not been dealing with barbarians, and that no matter what Moses or any other lawmaker had ever said or decreed, the law of God is that a man has no right to cast a woman off as soon as he is tired of her. 男はモーセによってそのような自由を授けられたが、その権利は未開人に許されるものであって、モーセは直ちにそれを採用したのではない。モーセやほかの法律制定者がなんといったり宣言したりしたにせよ、神の律法は男がその女を飽きたからといってただちに彼女を捨てる権利はないとした。
Marriage is ordained by God. 結婚は神によって定められた。
It lies in the very structure and formation of human nature. それはまさに人間の自然の構造と形に関わっている。
The union is not one which can be dissolved by Moses or anybody else. その結合はモーセや他の誰かによって解かれるものではない。
God intends that one man shall live with one woman and that they shall live together until death parts them. 神は一人の男と一人の女がともに生き、死が彼らを分かつまでともに生きることを意図された。
No greater words than those have ever been spoken on behalf of woman since the world began. 世が始まって以来、女の権利についてこれ以上のことばは語られたことがなかった。
Even now men's hearts are too hard to hear and heed them, and the result is degradation, heartbreak, and misery. 現在においても、男の心はこれらを聞いて守ることに対してあまりにも固く、その結果堕落し、心痛み、惨めになる。
High above all the clamorous voices of the world there rings the clear and authoritative tone of Jesus saying to men: 世の騒々しい声にはるかに勝り、イエスは権威ある鮮明な響きをもって男たちにいう。
"You have no right to use women and toss them from you. 「あなたがたは女を使役しうち捨てる権利はもっていない。
Man and woman belong together, and after marriage the twain are one flesh." 男と女はお互いに相手に属する、結婚した後は、二人は一つの体になるのだ。」
There were many degraded women in Palestine as there are to-day in America.  パレスチナには現在のアメリカにおけると同様に品位を落とした女たちがたくさんいた。
Woman being weaker than man is the first to suffer from the injustices of every social and economic system. 女の立場は男よりも弱く様々の社会的あるいは経済的なシステムの不正によりはじめに困難に陥る。
Our modern world has created a dozen places for women where one place existed in the olden world. 私たちの現代社会では、女の居場所が1ダースもつくられたがそれらのひとつは昔の世にもあった。
Unable to earn their livelihood by honest means women then, as women now, became the prey of brutal men. まっとうな手段で生活の糧を稼ぐことができないとき、女は品位の低い男の犠牲になる。
And men then, as some men now, insisted on two standards of morality, --- one for men and one for women, the second standard being higher than the first. それから男たちは、現在もある男たちがそうであるように、道徳に関するダブルスタンダードを主張する、--ひとつは男の基準、もう一つは女の基準であって、第二の基準は第一の基準よりはるかに高い基準なのである。
One of these degraded women was caught one day by a lot of men who dragged her into the presence of Jesus just to see what he would say and do. ある日これらの品位を落とした婦人たちのひとりが捕らえられ、イエスが何を言いどうするか知ろうとする多数の男たちにイエスのもとに引き立てられてきた。
According to the Palestinian law a woman guilty of adultery could be stoned to death. パレスチナの律法に従えば、姦淫の罪で有罪となった女は石打ちによる死刑であった。
As soon as the men had made their accusation, Jesus paused a moment and then said, "The man among you who has not committed the same sin may throw the first stone." 男たちが告訴したとき、イエスは一瞬の間をおいて言った、「あなたがたのうちで同様に罪を犯したことのない男がまず石をなげなさい。」
Not a stone was lifted. 石はひとつも取り上げられなかった。
No one said a word. ひとことも発する人はいなかった。
Those who were on the outskirts of the crowd one by one disappeared. 群衆の周りにいた人々はひとりまたひとりといなくなった。
By and by they all had gone. やがて彼らは全員いってしまった。
All had slunk away like curs. 全員野良犬のようにこそこそといなくなったのであった。
Woman is not to be condemned and man let go free. 女は刑を宣告されず自由にされた。
In the scales of God's eternal justice a woman's sin is not heavier than that of a man. 神の永遠の正義の標準では、女の罪は男の罪よりも重くはなかったのである。
Here is a teacher who does not hesitate to defend the rights of woman even though by so doing he incurs the deadly hatred of all foul-hearted men. ここに女の権利を擁護することに臆することのない教師がいるが、彼はそうすることによって悪辣なこころの人々にひどく憎まれることになるのである。
Even women of the street shall not be denied the privilege of repentance, for they are capable of remorse, and may long to find their way back to the Father's house. 町の女たちに対しても悔い改めの特権は否定されない。なぜなら彼女たちは深く悔い改めることができ、父の家へ戻る道を見いだすことを願っているからである。
A woman has a mind, a conscience, a soul, even though she lives in Samaria and has broken the moral law, and is worthy of careful instruction at the hands of the greatest of teachers. 道徳に関する律法を破っていたサマリヤに住んでいた女でさえ、心と良心と魂を持ち、偉大な教師の手に注意深く導かれる価値があるのである。
What a piece of gallantry it was --- that conversation at Jacob's well ! ヤコブの井戸の傍らでなされた会話は--なんと大胆なものであったことか!
Here, then, we have a knight who is a knight indeed. ここに私たちは真の騎士である騎士を見る。
The mediaeval knight went forth seeking for adventures: our knight of Palestine went forth in search of forlorn and friendless human beings. 中世の騎士たちは冒険を求めて進んでいったが、私たちのパレスチナの騎士は見捨てられた人、友のない人を探して進んでいった。
The knight of France and Germany was clad in metal, this knight of Nazareth had no protection but the white innocence of an unspoiled heart. フランスとドイツの騎士は金属の甲冑を身につけたが、ナザレの騎士は白い罪のない、損なわれていない心以外の何の防具も身につけていなかった。
His was the skill of a physician and not that of a soldier. 彼は癒しの巧者であって兵士ではなかった。
His was the prowess of a friend and brother and not that of a warrior fighting to lay his antagonist in the dust. 彼は友と兄弟として優れた能力を有したが、自分の前に置かれた塵の中の敵対者と戦をする古強者ではなかった。
He had all the graces and virtues of mediaeval chivalry and none of its superficiality or its foibles. 彼は中世の騎士たちの恵みと徳のすべてを有し、なんの傷も欠点もなかった。
He had the nerve, the mettle, and the intrepidity of the bravest of the knights, and along with this he had a sweet winsomeness, a divine graciousness which history cannot match. 彼は心細やかで情熱があり、もっとも勇敢な騎士たちの勇気を持ち、歴史上類のない甘い魅力と神の優しさとを持っていた。
Many a knight protected the distressed and maintained the right but failed to live the stainless life. あまたの騎士たちが悩み、権利の維持によって守られていたが、錆びのない人生を生きることに失敗した。
This prince of knights, this king of all the hosts of chivalry, conquered on every field and came off without a stain. 騎士たちの王子、すべての礼節の主であるこの王は、どの分野においても勝利し、しみなく成功した。
He liked people.  彼は人々を好んだ。
He was interested in human beings. 彼は人間というものに興味を持った。
He loved a crowed. 彼は群衆を愛した。
The populace appealed to him. 庶民は彼の心をひいた。
The masses were dear to his heart. 大衆は彼の心の親しみであった。
Ignorant people attracted him. 無知な人々は彼を引きつけた。
Bewildered and mistaken people had a fascination for him. 困惑した人々、誤った人々は彼にとって魅力であった。
Wicked people had a place in his heart. 邪悪な人々にも彼の心には席があった。
He could not look at a great crowed without feeling the tragedy of human life and crying out: 彼は人生の悲惨さを感ぜずに大きな群衆を見ていられなかった。そして叫んだ。
"Come unto me ! 「わたしのところにきなさい。
Come unto me !" わたしのところに来なさい。」
His invitations were always generous. 彼の招待は、常に誰に対しても開かれていた。
They were wide enough to cover all. それらはすべてを覆うに十分であった。
He always said that no man who came would ever be cast out. 彼は常に言った。捨てられる人は誰もいない。
In Jesus we have a revelation of the heart of God.  イエスに私たちは神のこころの権限を見る。
In speaking of the chivalry of this man of Nazareth I have been speaking of the chivalry of the Eternal. ナザレの人の礼節に富む説教に、私は永遠の礼節を語り続ける。
God is knightly in His disposition, chivalric in His temper. イエスの姿勢、イエスの礼節の気質には神の騎士性がある。
It is His work from all eternity to protect the weak, maintain the right, and live a stainless life. 弱い者を守り、正義を養護し、錆びない人生を生きることは、永遠からのイエスの業であった。
His heart goes out unceasingly toward the weak, the helpless, and those who have no friend. 彼の心は絶えず弱い者、助けのない者、友のない者に向かった。
If you are conscious of your weakness, cry out to Him, for He is swift to answer such a cry. もしあなたが自分は弱いと意識するなら、彼に向かって叫び出しなさい。なぜなら彼はそのような叫びにただちに答えてくださるから。
If you feel sometimes absolutely helpless, altogether forlorn and forsaken, do not despair, for the heart of Jesus is the heart which beats in and behind all this world, and you can never be forsaken so long as God is God. もしあなたがしばしば完全に助けがなく、わびしく、うち捨てられたものと感じても、決して失望してはならない。なぜならイエスの心はこの全世界中にそしてその背後にあって鼓動し、神が神であられる期間のように長く、あなたを放っておかれることは決してないからである。
In your moments of depression and in the days when the world seems cold and cruel, think of the chivalric God, whose heart beats in sympathy with weakness, and who goes out with alacrity and with gladness to meet every soul in need of succor. あなたが落ち込んでいる瞬間、世が冷たく残酷に見える日々に、騎士の精神に富む神を思いなさい。その心は弱い者に同情し、救助を必要とするすべての魂にあうために急いで喜んでやって来られるから。
(以下次号)

Valid XHTML 1.0 Strict