同労者

キリスト教—信徒の志す—

一度は原書を読みたい本

 - イエスの品性(2) -
THE CHARACTER OF JESUS
Charles Edward Jefferson

(お知らせしました、ジェファーソンのイエスの品性に取り組みます。前作同様、お気づきになりました誤訳やよりよい言いまわしなどお知らせいただければ幸いです。・・ 編集委員)

I. INTRDUCTORY. 第1章 緒言.
"Behold the Man!" --- John 19:5. 「見ろ。この男だ。」---ヨハネ 19:5.
Let us think together these Sunday evenings of the Character of Jesus. これから毎日曜日の夕方、私たちは一緒にイエスの品性について考察しようではないか。
You will observe the limitation of the subject. 皆さんは、この主題には限度があることに気づくであろう。
Jesus alone is too great a theme to be dealt with in a course of lectures. 単にイエスでは、この講義のコースで取り扱うにはあまりにも大きすぎる論題である。
There are, for instance, the Ideas of Jesus, the principles wich he enunciated in his sermons and illustrated in his parables. 例えば、イエスの思想、すなわち彼が説教の中で明らかにされたり、寓話の中に描かれた原理がある。
This is a great field, and fascinating, but into it we cannot at present go. これは大きな分野であって魅力があるが、現時点では私たちはその中に歩を進めない。
The Doctrines of Jesus, the things he taught of God and the soul, of life and death, of duty and destiny: this also is another field spacious and rewarding, but into it we cannot enter. イエスの教義、すなわち神と魂、命と死、義務と摂理に関して彼が教えられたこと、これもまた同様に裾野の広がっている価値ある分野であるが、それにも私たちは踏み込むことができない。
We might think of the Person of Jesus, meditate upon his relations to the Father, and to the Holy Spirit, and to us, and ponder the immeseasurable mystery of his personality --- this is what thoughtful minds have ever loved to do. イエスの人格を考え、彼と父なる神との関係、聖霊との関係、私たちとの関係、彼の人格の計り知れない神秘を熟考すること --- これこそが考え深い心を持つ人々が愛してやまなかったものである。
But upon this vast field of thought we also turn our backs in order that we may give ourselves undividedly to the Character of Jesus. しかしこの広大な思考の分野についても、同様に私たちは背を向けるのである。
その理由は、私たちがイエスの品性に私たち自身を専念させるためである。
By "character" I mean the sum of the qualities by which Jesus is distinguished from other men. 「品性」ということばによって、私が意味するものは、他の人々と区別されるイエスの特質の総括である。
His character is the sum total of his characteristics, his moral traits, the features of his mind and heart and soul. ここに私が述べている彼の品性とは、彼の特質、彼の道徳面の特徴、彼の精神と心と魂の姿の総計である。
We are to think about his quality, his disposition, the stamp of his genius, the notes of his spirit, and the form of his conduct. 私たちは彼の属性、彼の気質、彼の才能の徴、彼の精神の特色、彼の行動の姿について考えよう。
In one sense our studies will be elementary. ある意味で、私たちの学びは初歩的なものである。
We are to deal with the ABC's of Christian learning. 私たちはキリスト者の学びのABCを取り扱っている。
This is the logical beginning of all earnest study into the meaning of the Christian religion. このことは、キリスト教の学びに踏みいるすべての熱心な研究に関する合理的な開始点である。
Before we are rightly prepared to listen to the ideas of Jesus we must know something of what Jesus is. 私たちはイエスの思想を正しく聞き取る準備に、イエスとはどんなお方であるか知るべきである。
The significance of what a man says depends largely upon what he is. ある人が語ることの重要性は、彼がどんな人物であるかに大いに依存している。
Two men may say precisely the same thing; but if one is known to be a fool, his words make no impression on us; if the other is known to be wise and good we give him close and sympathetic attention. 二人の人が全く同一のことを述べることができるであろう。しかし、そのうちの一人が愚かであったなら、その人のことばは私たちに何の印象も与えないが、もう一方の人が賢くよい人物であったなら、私たちは彼に近づき共感を持って注意を払うであろう。
A man is better able to appreciate the ideas of Jesus if he first of all becomes acquainted with Jesus' character. 人がもしまずイエスの品性に精通したなら、イエスの思想を正しく理解することができる。
To begin with the character of Jesus is to adopt the scientific method of study. イエスの品性から始めることは研究の科学的手法に適っている。
The scientist of to-day insists upon studying phenomena. 今日の科学者たちは現象の研究を強調する。
What he wants is data, and from these he will draw his conclusions. 彼が求めるものは、彼が結論を引き出しうるデータである。
No scientist can begin his work unless put in possession of definite and concrete facts. 確実で具体的な事実を得ずに論文に着手する科学者はいない。
There is a general opinion abroad that Christianity is something very much in the air. キリスト教はなにか非常に漠然としたものだという意見が一般に広まっている。
It is vague and nebulous, cloudy and indeterminate, something beautiful as the mist with the morning sun playing on it, but also like the mist very thin and high above the world in which men live. それは曖昧でつかみどころがなく、曇り、不確かであり、朝日がその上で照っている霧のように、なにか美しいものではあるが人間が生きている地上から遙か高いところに存在する薄い霧のようである。
But in this course of lectures I do not ask you to think about visions or conseptions, principles or relations; I call your attention to a few definete and clean-cut facts. しかしこの講義のコースでは、私はあなたがたに幻影、概念、原理、あるいは関係について考えることを求めない。私はいくつかの確定した明確な事実に関してあなたがたに注意を払って貰いたいのである。
This man Jesus was an historic character. このお方イエスは、ひとりの歴史上の人物である。
He lived his life upon this earth. 彼は彼の人生をこの地上で生きられた。
In his passage from the cradle to the grave he manifested certain traits and dispositions which it is our purpose to study. ゆりかごから墓場までゆかれたその中に、彼は確かにご自身の特色と気質を顕されたが、それこそが私たちのこの研究の目的である。
If we were to attenmpt to deal with all his sayings, we should find many of them hard to understand, and if we should attempt to grapple with his personality, we should find ourselves face to face with misteriestoo deep to be fathomed; but in dealing with his character we are handling something concrete and comprehensible. もし私たちが彼が語られたこと全てを取り扱おうとしたなら、私たちはそれらの多くが理解出来ないことを見いだすであろうし、もし私たちが彼の人格を把握しようと試みるなら、私たちは推し量るにはあまりにも深い神秘に直面することを見いだすであろう。しかし彼の品性を取り扱おうとするなら、私たちは具体的で理解できるものを取り扱うことになるであろう。
Let us place ourselves before him and permit him to make upon us whatsoever impression he will. 私たちは彼の前に自分を置こうではないか、そして彼が私たちに印象づけようと思われたものに私たちの心を向けることにしよう。
Not only is this the scientific method, it is also the New Testament method. これは科学的な方法だというだけでなく、新約聖書の方法でもある。
It was just in this manner that the disciples came to know Jesus. これこそが、弟子たちがイエスを知るためにとった方法である。
They did not begin with the mystery of his person, nor did they begin with sayings which were hard for them to understand. 弟子たちは彼の人格の神秘から始めなかったし、それどころか彼らは彼らが聞いた理解しがたいイエスの語ることからも始めなかった。
They began simply by coming near him, looking at him with their eyes, listening to him with their ears. 彼らは単純にイエスに近づき、彼らの目で彼を見ること、彼らの耳で彼に聞くことから始めた。
It is with a shout of exultation that the beloved apostle in the first of his letters says, "We handled him with our hands." 主の愛された弟子は「私たちは私たちの手で彼に触った。」と、勝利の叫びとともに彼の最初の手紙に記した。
It would seem from the New Testament that Jesus desires men to come to the truth which he is to give to the world by a knowledge of his character. イエスは彼の品性に関する知識によって、彼が世にお与えになった真理に人々がやってくることを望まれたということを、新約聖書から読み取ることができる。
When two young men one day follewed him along the bank of the Jordan, and he turned upon them and said: "Whom are you looking for?" and they replied, "Where do you live?" his answer was, "Come and see." かの日、ヨルダン川の岸辺で二人の若者がイエスについていった時、イエスは彼らの方を振り向いて言われた。
「あなたがたは誰をさがしているのですか?」。
それで彼らは答えた。
「あなたはどこにおられるのですか?」。
イエスの答えは「来て、見てごらんなさい」であった。
They remained with him for the rest of the day, and the result of their first meeting was that they wanted their comrades to come and see him also. 彼らはその日、その後ずっとイエスと共に過ごした。そして彼等のイエスとの最初の出会いの結果は、彼等が彼らの仲間たちにもイエスに会いに来させようと思ったことであった。
And from that day to this the cause of Christianity has advanced in the world simply because those who have already seen him have wanted others to come and share their experience. その日以来このこと、すなわち単純に彼を見た人がほかの人もイエスに会い、彼らと同じ経験に導かれることを望んだということが、キリスト教が世界に広まる原因となった。
If this was the method of approach to Christianity in the first centurey, why is it not the best approach for our time? もしこのことが1世紀においてキリスト教に近づく手段であったなら、どうして私たちの時代においてもそれに近づく最善の手段でないと言えるだろうか?
Christianity in the course of its development has taken on many forms and has gathered up into itself many things which are nonessential. キリスト教はその発展の段階で、いろいろな形をとってきたし、多数の不必要なものもその中に取り込んだ。
The result is that thousands are bewildered, not knowing what to think or what to do. その結果、幾千もの人が惑わされ、何を考え何をなすべきかを知らない。
Many have been offended by Christianity because they have attemped to enter it through the ecclesiastical door. 教会の権威という門から入ろうと試みたことが原因で、多くの人がキリスト教につまづいた。
They have come to the religion of Jesus through some professing Christian who has been inconsistent or hypocritical, and simply one such disastrous experience is sufficient sometimes to keep a man away from Christ through his entire life. 彼等はつじつまの合わない、あるいは偽善のキリスト者の告白を通してイエスの宗教にやってきた。それは彼らにとって、単純に彼の人生をキリストから引き離すに十分な、非常に哀れな経験となった。
Sometimes it is no individual Christian, but the local church as a body that gives the offence. しばしばそれは個々のキリスト者だけではなく、地方教会全体を誤りに導いた。
It may be that the church is dead or that its leading men are corrupt or that its preacher is ignorant and does not have the Christian spirit or the Christian outlook; in which case the total impression made by the church is disastrous, and the soul is repelled. それは教会を死に至らせ、指導者を堕落させ、説教者を無知にさせてキリスト教の精神あるいはキリスト者の風貌を失わせることであろう。そのような場合の教会の全体的な印象は惨めであり、魂に受け入れられないのである。
There are many men who are not Christians to-day because it was their peculiar misfortune to come at a critical period in their life in contact with a church which was lacking in Christian sympathy and devotion. 今日多くの非キリスト者がいるが、それぞれ個々の不幸は、彼らの人生の大切な時期に、キリスト者の愛と敬虔の不足している教会に接したことに起因しているのである。
There are others who have attempted to get into Christianity through the dogmatic door. キリスト教の教理の門から入ろうとした他の人々もいる。
They have come to the dogmatic statements of the Chritian church, the doctrines formulated by church councils and theologieans, and by these they have been offended. 彼らはキリスト教の教会の教理の条文から入ろうとしたが、それらの教理は教会会議や神学者によって公式化された教理であって、その結果彼らは入っていくことができなかったのである。
Their reason has been repelled and their heart has been chilled. 彼らの考えは拒絶され、彼らの心は冷え込んだ。
Let me suggest that there is another door: the character of Jesus. 私は他の門があることを示したい。それはイエスの品性である。
Neither professing Christians nor dogmatic statements are the door of the Christian religion. キリスト者の告白も、教理の条文もキリスト教の門ではない。
The founder of Christianity says: "I am the Door." キリスト教の創始者は言った、「私がその門である。」
It may be that some man in the congregation who has been made cynical by professing Christians, or sceptical by church dogmas may find that he is neither sceptica nor cynical after he has studied the character of Jesus. 集会の中のある人は、キリスト者の告白をあざけるか、あるいは教会の信条に懐疑的であるかも知れないが、彼がイエスの品性を学んだならもはや皮肉屋でも懐疑屋でもなくなるに相違ない。
For after all, to be a Christian is not to be like other professing Chrisitans, or to accept ecclesiastical propositions; to be a Christian is to admire Jesus so sincerely and so fervently that the whole life goes out to him in an aspiration to be like him. とどのつまり、キリスト者になるということは、キリスト者であることを告白している他の人のようになることでもなく、教会の教義を受け入れることでもない。キリスト者になるということは、イエスにあこがれ、真摯に、熱心にイエスのようになることを願望してその生涯をそれに費やす者になることである。
This is a very opportune time in which to study the character of Jesus because it is in our day and generation that he has appeared with new glory before the eyes of the world. 今はイエスの品性を学ぶ好機である。なぜなら私たちの時代と世代には、世界中の目によってイエスの新たな栄光が明らかにされたからである。
We who are now living can know him, if we will, better than he has ever been known since the days of the apostles. 現在生きている私たちは、もし望むなら、使徒の時代から今にいたる人々が知り得たことに勝ってよりよく彼を知ることができる。
There have been three stupendous pieces of work accomplished within the last seventy years. 最近の70年間に三つのすこぶる大きな業績がなされた。
Two of them are well known to everybody, the third is recognized by comparatively few. そのうちの二つは誰でよく知っているものであって、第三のものは比較的少数の人々が認識している。
The first magnificent accompolishment of the last seventy years is the construction of the palace of science. 過去70年間における第一の大きな完成物は、自然科学の殿堂の構築である。
This great enterprise has been carried forward by a host of men of genius who have thrown into their work the heroism of prophets and the enthusiasm of apostles. この偉大な事業は、預言者たちの英雄的行為と使徒たちの熱意をもってそこに身を投じた天才たちによって実行された。
Almost the entire structure of the palace of science has been built up within the last seventy years. 自然科学の殿堂のほとんどすべては、この70年間に打ち立てられたのである。
How glorious, how dazzling it is, I need not attempt to describe, for it has caught and holds the eyes of the world. なんと光栄があり、なんとまばゆいことであろう。私はそれらが全世界の目を捉えているのであえてそれについて述べる必要を感じない。
The second great achievement of the last seventy years is the development of material civilization. この70年間の第二の偉大な業績は、物質文明の発展である。
Within these years have come the steamship, the railroad, the telegraph, the telephone, and a thousand other inventions by means of which the face of the world has been transformed and the havits of men have been revolutionized. これらの期間に、蒸気船、電信電話、および数千の発明がなされ、全世界の様相は変わり、人々の生活に大変革をもたらした。
This is a miracle which is also known to all. これらは、それらを知るものにとって驚異である。
But there is a third piece of work even more wonderful and more far-reaching in its effects than these other two, and that is the work which has been done by a great army of scholars on both sides the sea in bringing Jesus of Nazareth out of the shadows and out of the clouds in which had been hidden, and placing him once more before the world. しかし、さらにすばらしく遙か先まで到達する第三の業績があり、その効果は他の二つを凌ぐものである。それは海をまたいだ両側の大陸の学徒の偉大な部隊によってなされたもので、ナザレのイエスを隠されている闇と雲の中から引き出し、世界の前にもう一度提示したことである。
It was in 1835 that Strauss published his first edition of the "Little of Jesus," and from that day to this the world has been studying the character of the Man of Galilee with an interest which has been constantly deepening, and with zeal that shows no abatement. ストラウスが「イエスに関する小著(イエス伝)」の初版を出版したのは1835年のことだったが、それ以来今日に至るまで、世界はこのガリラヤの人の品性に関して研究し続けた。それは一貫してより深く掘り下げられ、熱心をもってなされ、決して衰退することはなかった。
The Gospels have been subjected to a scrutiny which has been given to no other writings. 福音書は他の著作とは比べものにならないほど綿密な調査の対象とされた。
The liberaries and the mounds and the tombs have been ransacked for manuscripts. 写本さがしのため、図書館も塚も墓もくまなく捜索された。
The manuscripts have been brought together and carefully compared and each minutest variation has been noted and pondered. 写本が取り集められ、互いに比較され、最小の差違も記録され熟考された。
Every paragraph has been sifted and every sentence has been weighed, every word has been analyzed and every syllable has examined and cross questioned. すべての文節が取り上げられ、すべての文がその重みを量られ、すべての単語が解析されすべての音節は試験され十字架は疑問視された。
The amount of labor bestowed upon the New Testament within the last seventy years is amazing and incalculabel. この70年間に新約聖書の上に注がれた労力は驚くべきもので、計算できない程膨大であった。
Men have not been contented with studying the manuscripts, they have studied the land in which Jesus lived; they have measure it from north to south and from east to wast with a surveyor's chain. 人々は写本の学びだけでは満足せず、イエスが居住した土地について研究し、北から南から東から西まで測り縄をもって測定した。
They have taken the heights of the hills and the mountains, and the depths of the rivers and seas. 彼らは丘や山の高さ、川や海の深さを測った。
With pick and shovel, they have gone down into the earth in search of material to throw additional rays of light upon this man who has made the land "Holy." 彼等はかの地を聖とならしめた人物を、少しでもよりよく知りうる材料を得ようとして、つるはしとシャベルをもって、地の中まで降りていった。
The first century of our era has been studies as no other century since time began. 歴史が始まってからのどの世紀にも勝って、紀元第1世紀が研究された。
The customs of the people, their clothing, their houses, every feature of their social and political and ecclesiastical life, everything that they read and everything that they said, and everything that they did has been analyzed, discussed, explained, illustrated, phtoagraphed, and scattered broadcast in the hope that this might bring men close to Jesus. 人々の習慣、衣服、住居、彼等のすべての社会的なあるいは政治上のあるいは教会生活の姿、彼等が読んだすべてのもの、彼等のすべての会話は、それが人をイエスに近づけるかも知れないという希望によって、解析され、論じられ、注釈され、描かれ、写真に撮影され、放送によって広くまき散らされた。
The civilization of the first century in Palestine has been subjected to a scrutiny and analysis which no other civilization has ever known. パレスチナの第1世紀の文明は、知られている他のいかなる文明にも勝って、精査され解析される対象となった。
The printing -presses on both sides sea are flooding the world with books about the life and the times of Jesus. イエスの生涯と時の両面に関し、大西洋の両側で印刷された出版物は、洪水のように世に溢れた。
And the result it he looms colossal befor the eyes of the world. その結果彼は世界中の目の前に大いなるものとして現された。
It is not simply the church that sees him; all men can see him now. 今や、教会の中で単純に彼を見るだけでなく、すべての人々が彼を見ることができるようになった。
He has broken out of ecclesiastical circles; he walks through all cities and lands. 彼は教会の領域を出、すべての都市、すべての地を歩かれるようになった。
All sorts and conditions of men have come to admire him. すべての種類、すべての条件の人々が彼を賞賛するようになった。
Those who despise the church respect him, those who deny Christian dogmas bow before him. 教会を軽蔑する人々も彼を尊敬し、キリスト教の教理を否定する人々も彼に従った。
The great unchurched classes who care nothing for anthems of sermons break into applause at the mention of his name. 讃美歌にも説教にも関心のない教会に属さない多くの人々も、彼の名を記憶し喝采するのである。
Many of them see him dimly, many of them have caught only a glimpse of his face and his heart, but everybody knows that he is the man who went about doing good. 彼等の多くは彼をぼんやりと見、彼の顔も彼の心もちらっと捉えるだけであるが、誰でも彼が善き業を行った人物であることを知っている。
Everywhere his name is reverenced. 彼の名はどこででも尊敬されている。
It is fitting that in these opening years of the new century we should endeavor to gain a clearer apprehension of the range of his mind and the reach of his heart. 彼の心情の領域をよりよく理解し、彼の心に届くことを私たちが熱望することは、新しい世紀の幕開けの年に相応しい。
How are we to get our information? 私たちはどうしたら私たちの望む情報を得られるであろうか?
There are six channels through which light will come. それを通して光が射し込む6つの通路がある。
We may come to know him through the words he spoke, through the deeds hedid, and also through his silences. 私たちは、彼が語ったことば、彼のなした行い、また同様に彼の沈黙を通して彼を知ることができる。
We may know him also by the impression wich he made first upon his friends and secondly upon his foes, and thirdly upon the general body of his contemporaries. 第一に彼が彼の友たちに、また第二に彼の敵たちに、第三に彼の時代の為政者たちに与えた印象によっても、同様に私たちは彼を知ることができる。
It awes me when I think of the great company that no man can number to which I ask you to join yourselves in this study of the character of Jesus. だれも数えることが出来ない多くの人々がイエスの品性を研究したことを思うとき、私は畏れを覚えるのであるが、皆さん自身も彼等に加わることをお勧めする。
Let your mind roam over the last nineteen hundred years, and think of the artists who have stood before him, seeing in him new revelations of beauty; think of the poets who have stood before him and have caught inspiration for their songs; think of the musicians who have stood before him and who have worked the impression which he made upon them into tones which lift the heart and set it dreaming; think of the philosophers who have stood before him and meditated on the great ideas which found expression on his lips; think of the unlettered men and women, the great crowd of peasants, plain working people, descendants of the shepherds that heard the angels singing, who have bowed in adoration before him and found rest from their weariness and strength in their weakness. この1900年間を思いめぐらすがよい。そして彼の前に立ち、彼に新しい美の掲示を受けた画家たちを考えよ。彼の前に立って彼等の詩に新しい霊感をとらえた詩人たちを考えよ。彼の前に立った音楽家たちを考えよ。彼は彼等の心をもたげ、夢あるものとした調べの作品を仕上げるための印象をあたえたのである。彼の前に立った哲学者たちを考えよ。彼等は彼のくちびるからでた表現によって偉大な思想を熟考することができたのである。記されていない男と女、無学の民衆、普通の職に就いている人々について考えよ。天使の歌声を聞いた羊飼いたちの末裔が彼を礼拝し、疲れた時に休みを、弱っている時に力を彼のうちに見いだしたのである。
And then let your mind run out into the centuries that are coming and think of the countless generations of men and women who are still to stand before this matchless figure, drinking in inspiration with which to live their life and do thier work. そしてそれから、これから続く世紀に生まれてくる数え切れない世代の男と女に心を馳せてみよ。
彼らはこの比類のない人物の前に立ち続け、いのちの霊感を飲み、彼らの人生を生き、彼らの業を行うのである。
If you can see in your imagination this great procession which has been and the greater procession which is yet to be, you will take your places with reverent spirit as once again we attemped to study the character of the man who compelles the heart to cry out, "Master!" もしあなたがたがこの大行列と、そしてこれに続くさらに大なる行列を思い描くことができるなら、いま一度あなたがたのうちの敬虔の霊をもって、私たちが心から「主よ!」と叫び出さざるを得ない人物の品性の研究をするとき、あなたがたもその行列に身をおくのである。
(以下次号)

Valid XHTML 1.0 Strict