同労者

キリスト教—信徒の志す—

一度は原書を読みたい本

 - イエスの品性(16) -
THE CHARACTER OF JESUS
Charles Edward Jefferson

「我が愛する者は白くかつ紅にして萬人に越ゆ」(雅歌 5:10 文語訳)

15 THE FIRMNESS OF JESUS 第15章 イエスの堅さ
"Get thee behind me, Satan."--- Matthew 16:23 「サタンよ。わたしの後ろに退いていなさい。」
---マタイ 16:23
Let us think to-night of the firmness of Jesus.  今夜は、イエスの堅さについて考えよう。
Of his tenderness we think often, and also of his gentleness and graciousness. 彼の柔和について、同様にまた彼の優しさや恵み深さについて私たちはしばしば考えている。
To these lovely graces the heart is joyfully responsive, and in dwelling upon them we are likely to overlook other traits no less beautiful and praiseworthy. これらの慕わしい恵みに心は喜びを感じるのであるが、それらの上に落ち着いてしまうことによって、ともすれば私たちはほかの姿を見てもそれがたいして美しくなく賞賛に値するものではないと思ってしまうのである。
Gentleness of nature is not a virtue but a defect unless it is accompanied by tenacity of will. 天性の柔和さはそれが意志の堅固さを伴わないならば徳ではなく欠点である。
Sweetness of disposition is not enough to make a man useful and noble. 気質の穏和さは人を有能かつ高貴にするに十分でない。
Along with the sweetness there must go strength, and underneath the moods soft as velvet there must lie a resoluteness hard as steel. 穏和さと共に強さがなければならないし、ビロードのような柔らかいムードの下に鋼鉄のような意志の堅さが横たわっていなければならない。
The weakness of men under the play of social forces is one of the outstanding tragedies of history.  社会的な力に支配される人間の弱さは、歴史が顕著に示している悲劇のひとつである。
To build a will strong enough to resist and control these forces is the central and crucial task of education. これらの力に抵抗し制御するに十分な強さの意志を建てあげることは、教育の中心的かつ難しい仕事である。
It is an ancient adage that evil companionships corrupt good morals. 昔の格言に、悪しき交わりはよいモラルを損なうとある。
All men are more or less moulded by the society of which they form a part. 人はすべて多かれ少なかれ自分が属している社会によって型にはめられる。
The child yields readily to the ideas and habits of his fellows, and no matter what his ancestry may have been, his environment if corrupt may bring him speedily to ruin. 子どもは仲間の考えや習慣に速やかに従う。そして彼の血筋がどのようなものであったかには関係なく、彼の環境が腐敗したものであったなら、それが速やかに彼に滅びをもたらすことであろう。
This impressionability is not a trait peculiar to childhood, but is carried with us through every stage of life. この感受性は子どもに限った特質ではなく、人生のすべての段階を通して私たちが持っているものである。
The young man in college is powerfully influenced by those of his classmates who are the nearest to him, and sometimes a few bold, masterful spirits will set the pace for a thousand men. 大学にいる若者は彼の最も近くにいる彼の級友から強い影響を受ける。しばしば少数の大胆で親分的な人物には千人もの人々がその人と歩調を合わせてしまうのである。
Business men are as susceptible as college students and yield in crowds to the influence of a few dominating minds. ビジネスマンも大学の学生と同様に感化されやすく、人々の中にいる少数の支配的な人物に屈するのである。
The slavery of the social world has long been a theme for moralists and satirists. 社会の奴隷となるということが、長い間倫理学者や風刺家の主題のひとつとなってきた。
He is indeed a strong character who dares run counter to the traditions and fashions of the world in which he moves. 自分が生活している世の伝統や流行にあえて逆らう人は真に強い人物である。
Even the strongest and most independent often bow down before standards against which conscience revolts and submit to customs against which the heart protests. 最も強く最も独立心を有する人でさえ、しばしば良心に反する規則に頭を下げ、心では反対する習慣に屈服する。
Humanity goes in crowds and droves, and bondage is too absurd or galling to be submitted to. 人は群衆や群れの中で生きていくうちに、あまりにも不合理あるいは腹が立つ束縛すらもそれなりに受け入れうるものとなるのである。
The majority of mortals are not strong enough to be themselves: they become echoes of their neighbors and walk in paths marked out by others. 大方の人は自分自身の姿でいられるほど強くはない。彼らは隣人のいうことをそのまま言い、他の人の足跡のついた道をたどる。
There is a spirit of the age which leaves its impress on every mind. 凡ての人々の心に印象を残すその時代の精神がある。
Even the mightiest men cannot free themselves entirely from it. 最も強い人々であってもそれらから完全に自由であることはできない。
As Lowell says, "Every man is the prisoner of his date." ロウウェルが言ったように、「人は誰でもその時代の囚人である」のだ。
We apologize for Cromwell and Calvin and Luther and Hildebrand and Augustine, saying, "Remember the times in which they lived !" 私たちはクロムウェル、カルヴァン、ルター、ヒルデブランドやアウグスチヌスを弁護してこう言う。「彼らが生きた時代を考えてみろ!」
But when we come to Jesus of Nazareth we are in the presence of a man whom nobody swerved or dominated, who is so free from the bias of his race and so clean of the spirit of his age that he seems to belong to all races and all ages.  しかし私たちがナザレのイエスのもとにくるとき、誰一人彼を曲げることがなく彼を支配することのなかった人の前にいるのである。あたかも彼は全時代の全人種に属するかのごとく人種の垣根には全く自由であり、彼の時代の世の風潮に染まっていなかった。
He is not the Son of David but the Son of Man, just genuinely, supremely human. 彼はダビデの子ではなく人の子であった。正しく純粋で最高の人間であった。
He is not a citizen of the first century only, but the contemporary of each succeeding generation. 彼は一世紀の初期の市民であったばかりはなく、続くすべての時代の人々とも同世代であった。
Immersed in an ocean of mighty forces which beat upon him furiously through every hour of his career, he resisted them all successfully by the indomitable energy of a victorious will, living a life unique in its beauty and achieving a work unmarred by the limitations either of time or place. 一生の間、常に激しく彼を打つ大きな力の海に浸りながら、勝利の意志の不屈の力によって彼はそれら凡てを十分に阻止し、時と場所の制限に損なわれることなく麗しく業を成し遂げるユニークな生涯を送った。
That he was not insensible to the dominant forces of his time, he himself has told us in the story of the temptation. 彼は当時の支配者の力に無感覚であったわけではなく、自分が受けた誘惑のできごとを私たちに語った。
His countrymen had formed definite ideas of the Messiah. 彼の同胞たちはメシヤについての固定概念を描いていた。
He was to be a wonder worker and manifestations of his power were to be spectacular and overwhelming. メシヤは不思議な業をなす人であり、その力は目を見張るような圧倒的なものであるべきであった。
He was to trample opposing forces under his feet and make Palestine the centre of the world. その方は敵対するものの力を足下に踏みつけ、パレスチナを世の中心となすのであった。
This was the dream, this was the expectation. これこそが彼らの夢であり、期待すべきものであったのである。
The best men expected this, as did also the worst men. 最善の人々もこれを期待したし、最悪の人々も同様であった。
It is a dangerous thing to baffle popular expectations. 一般の人々の期待を裏切ることは危険である。
It is almost cruel to extinguish the fire of a nation's hope. 同様に国民の希望の火を消すことはほとんど狂気の沙汰である。
Good and great men have found no difficulty in every land and generation in bringing themselves to yield, at least up to a certain point, to the wishes and demands of their countrymen. 善く偉大な人々もいずこの地、いかなる時代においても、すくなくとも彼の同胞の望み要求する特定の事柄に関しては、彼ら自身を曲げることに困難を見いだしはしなかった。
It all seems plausible enough. それらはみな十分もっともらしく思われるからである。
The argument is familiar, for we have heard it even in the present generation. その主張には慣れている。私たちは現代においてさえもそれを聞いている。
Who is a man that he should set himself against the expressed wish of a nation? 国民の世論が明白にしている期待に反対して立つ人が誰かいるだろうか?
Is it not through the people that God makes his wishes known, and what is it but egotism or insanity which would lead an individual to set his judgment against the judgment of the people ? 神がみこころを示すのは国民を通してではないのか?人々の判断に反対して一個人が自分の判断をするのは利己主義とか正気でないということではないのか?
This is the argument whose sharp edge many a leader has felt, and Jesus of Nazareth felt it too. これは多くのリーダーが鋭い刃であると感じた議論であり、ナザレのイエスもまたそれを感じた。
Wherever he went he heard the people clamoring for a king, a king who should rise to supremacy over the wrecked empire of Caesar. 彼が行くところどこにおいても人々は王よといって騒いだ。彼らの望む王は崩壊したシーザーの帝国に打ち勝つ支配権を打ち立てるべきであった。
The nation was ripe for revolution. 国民の革命への期待は熟していた。
A word from him would, like a spark, have kindled a mighty conflagration. 彼の一言は火花のごとく、大火を燃え立たせることになったであろう。
Expectations had been built up by men anointed by Jehovah, and these expectations were glowing hot, and how could Jesus hope to win the attention of his people or control the current of their life unless he fell in with their ideals and attempted to carry out the program on which their hearts were set ? 期待はエホバに油注がれた人々によって建てあげられてきた。この期待は熱をおびていたので、彼らの理想を受け入れ、彼らが心を定めているプログラムを実行することなしに、どうして人々の注意を勝ち取り、あるいは彼らの生き方の潮流をコントロールすることができたであろう?
It was a great temptation, so terrific that he told his apostles all about it. それはひとつの大きな誘惑であって、使徒たちに全部を語ることは非常に恐ろしいことであった。
He assured them that in this temptation he had been wrestling with the very prince of infernal powers, but that notwithstanding repeated assaults he had come out of the conflict victorious. この誘惑の中にあってイエスは弟子たちに、自分は地獄の力の長と戦っており、繰り返し猛攻撃を受けているにもかかわらず戦いに勝利したことを明らかにした。
In choosing the road which led to supremacy by way of Gethsemane and Golgotha, he renounced the ideals of his countrymen and disappointed their dearest expectations, but so firm was he that the hosts of hell speaking through God's chosen people could not move him from his place. ゲッセマネとゴルゴタとを通って至上権に導かれる道を選択することによって、彼の同胞の理想を拒絶し、彼らの最をも望んでいた期待を失望させた。神の選民を通して語る地獄の軍団も、イエスをその立場から動かすことはできなかったほど彼は堅固であった。
The nation hurled itself with frantic force against him, but he did not budge. 国民は狂ったように彼に打ちかかったが、彼は動かされはしなかった。
He was the Rock of Ages. 彼は千歳の岩であった。
When we study his life with attentive eyes we see it was one long resistance to the forces of his age.  私たちが彼の生涯を注意深い目をもって研究するとき、私たちにはそれが彼の時代の力に対する長期に渡る抵抗であったことが分かる。
He was a patriot, but he could not go with his countrymen in any of their patriotic programs or expectations. 彼は愛国者であったが、彼の同胞のどの愛国的プログラムあるいは期待することについても彼らと一緒に進むことはできなかった。
He was a churchman, but he could not go with the members of the Jewish church in their favorite teachings and ceremonies. 彼は熱心な教会の信者であったが、彼はいかなるユダヤ教会の会員とも彼らの好みの教えや儀式をも一緒にすることができなかった。
The religious teachers taught doctrines of the Sabbath which he could not accept. 宗教の教師たちは安息日の教義を教えたが、彼はそれに同意しなかった。
They presented forms of worship which he could not submit to. 彼らは礼拝の形式を示したが彼はそれに従わなかった。
They laid down lines of separation which it was impossible for him to observe. 彼らは分離の境界線を設けたが彼にはそれを守ることは不可能であった。
It is not easy to run counter to the deep-seated feeling of the most religious people of one's day, or to cut across the grain of the prejudices of the most conscientious men in the town. 当時のもっとも宗教的な人々に深く根付いた感覚に逆らい、町のもっとも良心的な人々の偏見の殻を破ることは決して容易なことではなかった。
There were many reasons why Jesus should have conformed to the ideas and customs of the church, but he firmly resisted all the voices which urged him toward conformity, standing out alone in defiance of what the best men were doing and saying, notwithstanding his nonconformity seemed to the majority impiety and to many blasphemy. イエスが当時の教会の理念や習慣に従うべきだとする理由がたくさんあった。彼が受け入れなかったことは多くの人々から不敬虔、冒涜と見なされたが、彼はそれに一致すべきだと主張するすべての声を固く退け、当時の最良の人々の語り行うことにひとりで敢然と対抗して立っていた。
For a godly man to be classed among blasphemers is one of the bitterest experiences which the heart can know. 神を敬う人々にとって、冒涜者たちの仲間に数えられることは、人の心の知りうる最も苦い経験のひとつである。
But Jesus paid the price and continued firm. しかしイエスはその代償を払い、毅然としてそれを続けた。
Men of light and leading have an influence surpassing that of ordinary men.  著名な指導者は通常の人々を凌駕する影響力を有する。
There were men in Palestine who by learning and position had won the confidence and esteem of their countrymen. パレスチナにはその学識と地位によって同胞たちの信任と尊敬を得ている人々がいた。
As leaders and teachers of the people they had their plans and systems and into these they attempted to work this young man from Galilee. 人々に対する指導者や教師たちとして、彼らは彼らの計画とシステムを持っていたが、彼らはこのガリラヤから来た若者にそのために働いてもらおうとした。
They recognized in him a man of force, and to manipulate him and make use of him was a natural ambition. 彼らは彼が力の人であることを認めたので、彼を操って彼を使おうと思ったのは当然の願望である。
No man with a noble cause to promote will lightly antagonize the most influential men of his day. 高尚な運動を推し進めようとしつつ、その当時の最も影響力のある人々に対して僅かでも敵対する人はいなかった。
He will bend to them so far as he is able, he will yield to their whims and caprices so far as conscience will permit, he will go with them so far as this is possible; but if he is a man of strength, he will not compromise his principles, and he will never jeopardize the victory of his cause by playing into the hands of men whose faces are toward a different goal. その人はできるだけ速く彼らに屈し、その良心が許すならその人は彼らの気まぐれや移り気にもすぐさま譲り、可能であるなら彼らとすぐさま一緒に進むであろう。しかしもし彼が力の人であるなら、彼は自らの主義を妥協させることなく、その顔を別なゴールに向けている人々の手に陥って、勝利を危険にさらすことを決してしないであろう。
Jesus could not be manipulated. イエスは決して操られたりしなかった。
He refused to be used. 彼は利用されることを拒んだ。
One party after another tried to work him into its scheme, but he was incorrigibly intractable and went on his way independent, unshackled, free. ある一派、次の一派と次々と彼らの企みに彼を利用しようと試みたが、彼は頑固として動かされず、彼の独自の束縛されない自由な道を進んだ。
All the seductions offered by the men who sat on thrones could not swerve him from his course, and although his steadfastness made him enemies and finally nailed him to the cross, he was everywhere and always a man who could not be moved. 王座に座っている人々の提供するあらゆる誘惑も彼を道からそらすことはできなかった。そして彼の固さが彼に多くの敵をもたらし、ついには彼を十字架に釘付けする至らせたにもかかわらず、彼はどこにおいても常に動かされることのない人であった。
There are men who are too strong to be manipulated by their foes, but in the hands of their friends they are plastic as wax.  敵に操られることに対しては非常に強い人々がいる。しかし彼らは友人の手によっては鑞(ろう)のように柔らかにされる。
Jesus could not be manipulated even by his friends. イエスは友人たちによってさえ操られることがなかった。
He had many friends in Nazareth, but he never gave up his principles to please them. 彼はナザレに多くの友人がいたが、彼らを喜ばせるために自分の主義を捨てることは決してしなかった。
They had their prejudices and superstitions, but he never surrendered to them. 彼らは偏見と盲信をもっていたが、イエスは決して彼らに譲歩しなかった。
He knew their bigotry and narrowness, and so in his opening sermon he read the story of God's compassion on a Syrian leper, and also on a Sidonian widow. 彼は彼らの頑固さと偏狭さとを知っていたので、最初の説教でシリア人のらい病人とシドン人のやもめに対する神の憐れみの話をした。
His sermon raised the storm which he had anticipated, but he bore the fury of it without flinching. 彼の説教は彼の予想を上回る嵐を巻き起こしたが、彼はひるむことなくその激怒を受け止めた。
He would not keep silence when he knew he ought to speak, nor would he turn aside from the path he knew he ought to travel even though by sticking to the path he made himself a lifelong exile. 彼は自らが語るべきであると分かった時には沈黙しなかったし、生涯追放の身となっても彼が通らなければならないと知った道は決して迂回しなかった。
The respect and good-will of neighbors are sweet indeed, but these must not be bought by bending. 隣人たちの尊敬と好意は実に心地よいものであるが、主義を曲げることによってそれを買い取るべきものではない。
But probably no neighbor in Nazareth was ever so near to Jesus' heart as his dear friend Simon Peter.  しかし恐らくナザレのとなり人で、イエスの親密な友であるシモン・ペテロほどイエスの心に近づいた人はいなかったことであろう。
At a crisis in Jesus' life Peter did his best to dissuade him from a certain course, but the loyal and loving friend succeeded no better than the most hostile Pharisee. イエスの生涯の危機に当たってペテロは定まった道から彼をそらそうと一心に忠告したが、忠誠と愛の友も最も敵意に満ちたパリサイ人たちと同様に成功しなかった。
This man of Nazareth could not be moved by friend or foe. このナザレの人は友によっても敵によっても動かされなかった。
It was his Father's business he was attending to, and therefore all efforts to draw him aside were made in vain. 彼が意図していたことは天父の事業であった。それ故彼を脇道にそらそうとしたすべての努力は虚しかった。
"Get thee behind me, Satan," he said to the astonished Peter, recognizing in him the same evil spirit he had contended with years before in the desert. 「わたしの後ろに退いていなさい。サタン。」と、彼はペテロを仰天させた。イエスは何年も前、荒野で戦った悪の霊をペテロの内に見たのであった。
To defy the threats of powerful enemies is hard, but to turn a deaf ear to the expostulations of loving friends is harder still. 恐ろしい力のある敵を拒絶することは困難であるが、愛する友のいさめに耳を閉ざすことは一層困難である。
Only a man of unconquerable will is equal to a test so taxing. 確固とした意志の人のみがそのような重い課題の試練に耐えるのである。
Jesus met it and did not fail. イエスはそれに遭遇したが、失敗しなかった。
It was a test he faced in his own home.  イエスには自分の家で直面した試練があった。
His brothers did not understand him. 彼の兄弟たちは彼を理解しなかった。
Their lack of understanding curtailed their sympathy with him. 兄弟たちの理解不足は彼らがイエスに共感することを妨げた。
From their standpoint he often did the injudicious thing, and refused to do the thing which would have forwarded his reputation. 彼らの見地では、イエスはしばしば分別のない行動をとったし、自分が名声を得るために有利なことをすることを拒んだ。
They were always ready with advice. 彼らはいつも忠告する用意ができていた。
He could not take it. しかしイエスはそれを取り上げなかった。
They urged him to go to Jerusalem at a time when he could not go. 彼らはイエスが行くことのできない時に、エルサレムに行くよう主張した。
They exhorted him to go home at a time when his duty was to be somewhere else. 彼らはイエスが他の場所に行かなければならない時に、家に帰るよう強く勧めた。
Only a man who had been driven by conscience to go contrary to the wishes of members of his own family can enter into the experience which Jesus suffered or can measure the strength of will which one must have to resist successfully the importunities of love. 良心に駆り立てられて、自分の家族の願いとは反対に進んだことのある人だけが、イエスの悩まされた経験に踏みいることができるし、愛の懇願に十分に抗することができる意志力をはかることができる。
This test of will power reached its climax in Jesus' conflict with his mother.  この意志力の試練は、イエスの母との葛藤によって頂点に達した。
She loved him and he loved her, but he could not always carry out her wishes. 彼女は彼を愛し彼は彼女を愛した。しかし彼は常に彼女の願いを実行できるわけではなかった。
There comes a time in many a man's life when even his own mother's exhortations must go unheeded in order to obey a higher call. 多くの人々の生涯には自分の母の願いをも、より高い使命のために無視せざるをえない時があるものである。
Such an experience came to Jesus. そのような経験がイエスにも訪れた。
It was a sword through Mary's heart, and it was a sword also through the heart of Jesus. 剣がマリヤの心を刺し通すことであったが、その剣は同様にイエスの心を貫いたのであった。
The painful experience in the Temple at the age of twelve was probably not the first of the kind in Jesus' life, and it was certainly not the last. 12歳の時の神殿における痛みに満ちた経験は、おそらくイエスの生涯における同様な経験の最初のものであったことであろう。そしてそれは確かに最後のものではなかった。
The ties to Mary were not so deep as the ties which bound Jesus to the heavenly Father, and when Mary's wish conflict with the Father's will, the wish of the woman was pushed aside to make room for the will of God. マリヤとの絆(きづな)はイエスにとって天の父との絆ほど固くはなかったのであって、マリヤの願いが天の父の願いと対立する時には、この婦人の願いは、神の意志をなすために脇に押しやられたのであった。
Here, then, we have a situation which is distressing indeed.  それ故ここに真に悩まされる状況がある。
The most tender and gracious and obliging of men is compelled to resist not only the prayers of his countrymen but the wishes of his family and friends. もっとも優しく恵み深い親切な人々が、彼の同胞の祈りのみではなく彼の家族や友たちの願いを退けることを強いられる。
He stands like a rock in the midst of a troubled sea, and all its billows dash themselves against his feet in vain. 彼は困難の海の真ん中に岩のように立っている。そしてそれらの大波は彼の足下にむなしく砕けるのである。
There was something inflexible in his will, something granitic in his soul. 自分の意志では曲げられないものがあり、その魂には花崗岩のようなものがある。
When he found a man whom he thought worthy to be the first member of his church he called him "rock." 彼は自分の教会の第一のメンバーに値すると思った人を見いだして、その人を「岩」と呼んだ。
Are we to infer from this that it is the rocklike quality which is indispensable in the building of an institution which shall endure? このことから私たちは、この岩のごとき特質が、永続するひとつの団体を建てあげるために絶対に必要なものであるといえないだろうか?
It is certain that Jesus loved stability in others, and what he loved in others he had superabundantly in himself. イエスが他の人々のうちにある不動性を好んだことは確かである。そして彼は自分のうちに有り余るほど持っているものが他の人々のうちにあることを愛した。
Firm himself, he loved men who could not be moved. 彼は自らが毅然としていたから、動かされない人々を愛した。
Unconquerable himself, he intrusted his Gospel to men who would endure and never flinch. 彼自身打ち負かされることがなかったから、忍耐することができ決してたじろぐことのない人々に彼の福音を委ねた。
Men who having put their hand to the plough looked back were not men he could make use of in the saving of a world. すきに手をつけてから後ろを振り返る人々を、彼は世を救う事業に用いることができなかった。
Men who started to build a tower and then gave up the undertaking were only objects of mirth and mockery. 塔を建て始めてからその事業を放棄する人々は、吹き出されあざ笑われる対象にすぎない。
Salvation could not be offered to any one who did not endure to the end. 福音は終わりまで忍耐できない人には提供され得ない。
It is in this tenacity of will that we find an indispensable element of Christian character.  この堅固さこそ、キリスト者の品性の欠くべからざる要素であることを、私たちは悟るのである。
Men are to resist exterior forces and form their life from within. 人々は外からの力に対抗し、内側からのものをもってその命を形成する。
They are not to be swayed by current opinion, but by the spirit of the Eternal in their heart. 彼らは時代の意見に従うべきではなく、彼らの心にある永遠者の霊に従うべきである。
They are not to listen to the voices of time, but to live and work for eternity. 彼らは時代の声に耳を傾けるのではなく、永遠のために生き働くべきである。
We like this steadfastness in human character, and we also crave it in God. 私たちは人間の品性の中にこの堅固さがあるのを望み、また神の中にもそれを切望する。
Men have always loved to think of Him as the unchanging and the unchangeable, the one "with whom can be no variation, neither shadow that is cast by turning." 人々は常に、神は不変であり、変わることができない方、「移り変わりや、回転によって投げかけられる影はありません」というお方であると思って慕ってきた。
And what we desire in God we find in Jesus of Nazareth. 私たちは神に望むことをナザレのイエスに見いだす。
He also is unchanging and unchangeable. 彼もまた不変であり変わることができないお方である。
A writer of the first century encourages the hearts of his readers by reminding them that "Jesus Christ is the same yesterday and to-day, yea and forever." ある一世紀の著作者が「イエス・キリストは、きのうも今日も、然り、永遠に同一である」ことを記憶させることによって、読者を勇気づけた。
Jesus never called himself the Rock, but the Christian heart soon gave him that appellation, and few hymns have proved so popular in the English-speaking world as ---- イエスは自分を岩と呼ばれたことは決してなかったが、キリスト者の心はただちに彼にその名を冠した。英語圏の社会においては、以下の歌ほど世に知られている讃美歌はほとんどないことがそれを実証している。
"Rock of Ages, cleft for me !  時代を超えた岩よ、私のために裂け目をつくり!
(千歳の岩よ)
Let me hide myself in thee."  その中に私を隠して(包んで)ください。
(我が身をかこめ)
What Jesus was in Palestine he is to-day and shall be for evermore. パレスチナにおられたところのイエスは、今日も永遠の先までもそのとおりであられる。
All his promises stand unshaken, all his warnings remain unchanged. 彼のすべての約束は振るわれることがなく、彼の警告は変わることなく残り続ける。
His attitude to sinners is to-day what it has been from the beginning and what it will be to the end. 彼の罪人たちに対する態度は、今日もはじめからのものと変わらずにあり、終わりまでつづくであろう。
You cannot discourage him by your ingratitude, you cannot make him other than he is by your disobedience. あなたがたは自分の忘恩によって勇気を失うことはないし、あなたがたの不従順によって彼を変えることはできない。
He is not broken down by human folly or driven from his plan by human perversity. 彼は人の愚かさによって折られることはなく、人間の悪さによって彼のご計画を投げ出させることはできない。
From age to age he is about his Father's business, and in the midst of all nations and kindreds and tongues he goes about doing good. 世から世に彼の父の事業をなし、あらゆる国民、人種、言語の真ん中に、彼は行ってよい業を行うのである。
(以下次号)

Valid XHTML 1.0 Strict