同労者

キリスト教—信徒の志す—

一度は原書を読みたい本

 - イエスの品性(24) -
THE CHARACTER OF JESUS
Charles Edward Jefferson

「我が愛する者は白くかつ紅にして萬人に越ゆ」(雅歌 5:10 文語訳)

23 THE INDIGNATION OF JESUS 第23章 イエスの怒り
"And when he had looked round about on them with anger." --- Mark 3:5  「そして怒りをもって彼らを見回した。」 ---マルコ 3:5
There are certain moods and feelings which we are reluctant to ascribe to Jesus, because they are so common and so human.  私たちにはイエスについてそれをためらうある種のムードと感覚がある。というのは怒りはあまりにも一般的かつ人間的であるからである。
Characteristics which are conspicuous and disconcerting in ourse lves, we do not readily associate with him. 私たち自身に目立ち狼狽させる品性を、私たちはただちにイエスに結びつけることはできない。
For instance, was it possible for Jesus to be angry? たとえば、イエスは怒ることがおできになっただろうか?
If it was, he was amazingly like ourselves. もしそうであったら、彼は驚くほど私たちに似ている。
The humblest and least gifted of us are adepts in the realm of indignation. 私たちの中で最も謙遜で最も賜を受けていない人々も怒るという分野には長けている。
Our capacity for wrath was manifested in us early, and we have developed it by constant use. 怒る能力は、私たちが赤子の時から私たちの内に顕された。そしてそれを常に使うことによって私たちはそれを発達させてきた。
No emotion is more nearly universal and none is more easily aroused. 怒りほど普遍的で、容易に起こる感情はない。
They very universality of the experience makes us reluctant to attribute it to one who is at so many points above us, and whose life, however like our own, has in it so many things which are unique. それらが非常に一般的であるので、非常に多くの点で私たちを上回る誰かに寄与することをためらわせる。しかしながら私たち自身のように、多くのことが独一なのである。
Moreover, anger is associated in our mind with infirmity.  さらにその上、怒りは私たちの心情の欠陥と共に働く。
Much of our own anger has been of the earth earthy. 私たちの自信の怒りの多くは地のものである。
It has been a boiling of the blood, full of sound and fury, having no ethical significance. それは血を沸き立たせ、容赦ない激怒となり、善悪をわきまえない。
Sometimes it has been a burst of petulance, an explosion of nervous energy, a sort of madness bordering on the frontiers of insanity. しばしばそれはかんしゃく玉の破裂であり、神経のエネルギーの爆発、狂気と境を接するある種の異常である。
While the fever was upon us we felt our wrath was justifiable, but on the cooling of the blood we repented in sackcloth and ashes. その興奮状態に私たちがいる間は、私たちは自分が怒るのは当然であると感じる。しかし血が冷めたとき、むしろと灰に座って後悔するのである。
We have also noticed what anger does for others. 私たちは他の人々についても同様に怒りを認める。
It has not escaped us that when men and women are angry they usually make fools of themselves. 男も女も怒っているときは通常よりも愚かであることを免れ得ない。
This fact has made a deep impression on us. この事実は私たちに深い印象を与える。
Most of the indignation which we have known has been so childish or so brutish, so full of fury and bitterness, that we find it hard to give it place in the experience of a strong and holy man. 大部分の怒りは子どもっぽく、獣のようであり、激情と苦さに満ちていて、強く潔い人の経験としての座を占めるには、はなはだ困難であることを私たちは認める。
So prone is anger to mix itself with base and unlovely elements, and so frequently does it stir up the mud at the bottom of the soul, that it has been often classed among the vices as a passion which is always ignoble, and therefore to be condemned, resisted, strangled. 怒りはそれ自体、卑しく愛にそぐわない要素と混ざっている傾向があり、非常にしばしば魂の底に潜む狂気をかきたてる。それはしばしば悪い品性と常に卑しい情熱の間に位置する。それ故非難され、抵抗され、抑圧される。
It was thus that the Stoics taught, contending that ever to be moved by anger is a sign of weakness and unworthy of a full-grown man. 禁欲主義者たちはこう教える。怒りに動かされることは弱さの徴であり、十分に成長した人に相応しくないものである。
The philosophy of the Stoics is not consciously accepted by us, but the considerations which led them to their estimate of anger are still operative in us all. 私たちは禁欲主義者たちの哲学を受け入れているわけではないが、彼らが考察した結果として導かれた怒りについての評価は、私たちすべてを動かしている。
It is not easy to free one's self from the feeling that anger has something sinful in it, or that if anger is not actually sinful, it is at any rate unlovely, a defect or flaw in conduct, a deformity in character from which the lovers of the beautiful and good may wisely pray to be delivered. 怒りにはなにか罪がその中に含まれている、あるいは怒りが真に罪深いものではなくとも何らかの比率で愛にそぐわないものであり、行いの中の欠点あるいは傷であり、品性のゆがみであって、愛あるものは祈りによって、美しさと良善へと、それから救い出されなければならないという感覚から自由になることは容易ではない。
It is because of this assumption that anger is in its essence sinful that may persons find it impossible to think of Jesus in an angry mood. この前提の故に怒りの本質は罪であると思っている人々には、イエスが心に怒りもっておられると思う事は不可能であろう。
When the New Testament says that he was angry they glide over the sentence hurriedly, giving the words a Pickwickian sense, and breathe more freely when they have come out again into a paragraph which portrays his tenderness and love. 新約聖書がイエスが怒ったと言うとき、彼らはその文を急いですりかえ、本来とは違った意味を与えてそれらが再び現れたとき彼の優しさと愛を示す句としてほっと安堵するのである。
Once decided that anger is a sinful or an animal passion, and you must deny it place in the portrait of an ideal man. 怒りが罪深いとかけだものの感情であるとひとたび決めつけると、理想の人物の肖像にそれを置くことを否定することになる。
But the evangelists were not Stoics, and they were not handicapped by the notions which bewilder us.  しかし聖書記者はストア派の哲学者ではない。彼らは私たちがとまどうとして気遣うハンディキャップは持っていなかった。
They felt that they must write down clearly what they saw and heard, and prompted thus to tell a round, unvarnished tale they do not hesitate to inform us that Jesus sometimes blazed with anger. 彼らは彼らが見たこと聞いたことを明らかに記すことが必要であると感じた。そして彼らはイエスがしばしば怒りに燃えたことを私たちに伝えることを率直に、ためらわずに記述した。
The blast of his scorn was so hot that it frightened and scorched those on whom it fell. 彼の譴責のいぶきは非常に熱く、その対象となった人々を驚かせ、酷評したのであった。
They tell us that it was inhumanity and insincerity which always kindled his heart to furnace heat. 彼らは、非人情と不誠実に対していつもイエスの心が燃えたことを私たちに語っている。
When he saw men --- ordained religious leaders of the people --- more interested in their petty regulations than in the welfare of their fellow-men, his eyes burned with holy fire. 彼らの同胞の福利以上に些細なことに関する規則に関心を持っている--民衆の宗教のリーダーと定められた人々を彼が見たとき、彼の目は聖なる炎に燃えた。
Those who were present never forgot the flash of his eye as he slowly looked round upon the pedants whose hardness of heart he held in abhorrence. かたくなな心の故に彼が嫌悪した学者たちをゆっくり見回した彼の目の光りを、居合わせた人々は決して忘れないであろう。
He despised the lying superstitions which had accumulated around the idea of death, and loathed the mummery which attended the burial of the dead. 彼はいのちのない解釈のまわりに積み上げたいつわりの教義、葬儀に出席する人々の偽りの嘆きを軽蔑した。
The hollow howlings of paid mourners in the presence of the holy mystery of death aroused his soul to indignant protest. 死に関する聖なる神秘の存在する中で口にされる偽りの嘆きに、義憤の抗議が彼の魂にわきおこった。
Any darkening of the world by cruelty or craft brought his soul to its feet fiery-eyed and defiant. 残酷さとか悪巧みで世を暗くするいかなるものも、彼の魂に燃える目と敵意をもたらした。
He was angered by the desecration of the Temple. 彼は神殿を冒涜することに怒らされた。
The sordid wretches who cared nothing for anthems and prayers and everything for money, kindled a fire in him which well-nigh consumed him. 讃美にも祈りにも関心を払わず、ただ金にしか関心のない下劣な輩に、彼は心中の炎をほとんど使い果たしてしまいそうであった。
The miscreants who fled before him had never seen such a flame as darted from his eyes. 彼の前から逃げ去った堕落した人々は、彼の目から放たれる炎を二度と見ようとはしなかった。
That a building erected for the purpose of adorning the name of God should be converted into a market was so abhorrent to his great soul that he was swept onward into action which astounded his disciples and which has been to many a scandal ever since. 神の名を崇める目的で建てられた建物が、商売の場と変えられていたことは、彼の偉大な魂にとって非常に嫌悪すべきものであって、彼はそこを掃き清める行動をとったが、それは彼の弟子たちを仰天させ、人々からかつて無いほどの反感を買うこととなった。
No one can understand the cleansing of the Temple who has never experienced the force and heat of righteous indignation. 正しい怒りの力と心の義しさを経験したことのない人で、神殿を清めたことの意味を理解できる人はいない。
There are many sentences from his lips which after the lapse of nineteen hundred years still burn with fervent heat. 彼の唇から数多くのことばが話されたが、それらは1900年の距離をおいてもなお熱烈なこころに燃えているのである。
Who can read the parable of Dives and Lazarus without feeling the fire of a holy scorn? 誰が金持ちとラザロのたとえ話を、聖なる叱責の炎を感じることなく読むことができようか?
Who can read the denunciation of the Pharisees without realizing that he is in the presence of a volcano belching molten lava? 彼のうちに火山の熔けた溶岩の存在を認めることなく、パリサイ人たちへの譴責を読むことができる人がいるだろうか?
No one could speak language like that which the evangelists have recorded who was not capable of tremendous indignation. 燃える怒りを持つことの出来ない人々で、聖書記者たちが記したようなことばを語ることが出来る者はいない。
It is a wrath which leaps beyond the wrath of man. それは人の怒りを越える憤怒である。
One of the purposes of the New Testament is to give us a new revelation of anger. 新約聖書の目的のひとつは、私たちに怒りに関する新しい啓示をあたえることである。
Take away Jesus' capacity for indignation and you destroy the Jesus of the Gospels. 怒りの能力をイエスから取り去ってごらんなさい。そうすることによってあなたはイエスの福音を破壊するのである。
His anger was one of the powers by which he did his work. 彼の怒りは、彼が行った業をなさせた力のひとつであった。
His blazing wrath is one of the most glorious features of his character. 彼の燃える怒りは彼の品性の最も栄光ある姿のひとつである。
Had he been less emotional, he would not have stirred men as he did. もし彼が感情に欠乏していたなら、彼がなしたように人々を揺り動かすことはできなかったであろう。
Had his passion been less intense, the world would never have called him "Master." もし彼の情熱が強烈さを欠いたなら、世は彼を「主」とは決して呼ばなかったであろう。
Here, then, we have in Jesus what seems to some a contradiction.  それゆえここに、私たちはイエスのうちに、ある種の相入れないものを見る。
He is a Lamb and at the same time he is the Lion of the Tribe of Judah. 彼は子羊であると同時にユダの族の獅子である。
He caresses like a mother and he also strikes like a thunderbolt. 彼は母のように抱擁すると同時に雷のように打つ。
He is tender but he is also terrible; he is loving but he also smites with a blow which crushes. 彼は優しいが同時に恐ろしい。彼は愛情豊かであるが、同時に一息をもってものを打ち砕く。
How can we reconcile the indignation of Jesus with his love? どのようにして私たちは彼の怒りと彼の愛を一致させることができるであろうか?
Nothing is easier. これより簡単なものはない。
His indignation is the creation of his love. 彼の怒りは彼の愛の産物である。
His wrath proceeds from his holiness. 彼の憤怒は彼の聖の顕れである。
His mercy would have no meaning were it not for his immeasurable capacity for anger. 彼の憐れみは彼の計り知れない怒る能力なしには意味をもたない。
Take away his indignation and you destroy the basis of his holiness, his righteousness, his mercy, and his love. 彼の義憤を取り去ってごらんなさい。それは彼のホーリネス、彼の義、彼の憐れみと愛の基礎を打ち壊すことになる。
Love and indignation are not antagonists or rivals. 愛と怒りは敵対関係にあるのでもなく競争関係にあるのでもない。
They ever go together, each one unable to live without the other. それらは常に共に働き、一方なしに他方はありえないのである。
Only those who have never loved have difficulty in understanding the heart's capacity for wrath. 怒りに対する心の能力を理解できる人には、愛を理解することは困難ではない。
Did you ever see a lover stand the villain who had dared insult the queen of his heart? 愛する者が悪漢に対抗しているのを見て、彼の心の首座を軽蔑するであろうか?
When since the world began has love ever maintained a quiet pulse in the presence of the assailant of the loved one? 世のはじめから愛は愛する者を攻撃する存在に対して静かな衝動に達しなかっただろうか?
A mother, all gentleness and sweetness as she moves among her children, passes into an avenging fury in the face of a foe who attempts to harm them. 母親は、彼女の子どもたちの間にあって優しく親切であるが、子どもたちに害を加えようとする敵の顔に、激怒をもって復讐に走るであろう。
The dimensions of her indignation will be determined by the depth and heat of her love. 彼女の怒りの大きさは彼女の愛の深さと熱さによって決まる。
It is the hottest love which when enlisted in the welfare of others scorches opposing forces to cinders. それは最も熱い他の人々の幸せを願う愛であって、火山の噴出物のように敵対するものを焦がす力である。 
The power of loving and the power of hating must always go together. 愛の力と嫌悪の力は常に共に働く。
There is right and there is wrong, the first must be approved, the second must be condemned. 正義があり悪がある時、正義は賞賛され悪は非難される。
The condemnation must not be cold but vehement. 譴責は、冷たくではなく、熱くなされるべきである。
It must carry with it all the energy of the soul. それは魂の力全部によって実行されなければならない。
It must have at the heart of it that heavenly fire which is known on earth as indignation. 地上で義憤として知られる天の火が心になければならない。
In Jesus, then, we see what a normal man is and feels.  それ故イエスの内に、私たちは普通の存在であり普通に感じるひとりの人物を見る。
He is full-orbed, complete. 彼は円熟しており、完全である。
He gives sweep to every passion of the soul. 彼は魂のどの感情にも完全である。
He will not admit that in the garden of the heart there are any plants which the Heavenly Father has planted which ought to be rooted up. 彼は心の園に、引き抜いてしまうべき父が植えなかったいかなる植物の存在も決して許さなかった。
All the impulses, desires, and passions with which the Almighty has endowed us have a mission to perform, and life's task is not to strangle them but to train them for their work. 全能者が私たちに授けたすべての衝動、願望、情熱には、成し遂げるべき使命がある。いのちの仕事はそれらを抑圧するのではなく、訓練することである。
Jesus was angry but he did not sin.  イエスは怒ったが罪を犯さなかった。
Anger because of its heat readily passes beyond its appointed limits. 怒りは、その熱によってすぐ限度を超える。
Like all kinds of fire, it is dangerous and difficult to control. すべての種類の火と同様、それは危険で制御することが難しいものである。
But Jesus controlled it. しかしイエスはそれを制御した。
"Thus far," he said, "and no farther." 彼は言った、「ここまでのところ、もうこれでたくさんだ。」
No sinful element mingled in that indignation which burned with a white and resistless heat. 白熱し抵抗できない熱を持って燃えるその怒りには、いかなる罪の要素も混入していない。
The irritation which we so often feel, the exasperation which lacerates and rends the heart, the bitterness of which we are ashamed --- all these were absent from Jesus' anger. 私たちが非常にしばしば感じるいらだち、心を引き裂き砕く憤怒、私たちが恥じ入る心の苦さ--これらすべてはイエスの怒りには存在しない。
His wrath was the hottest ever known upon our earth, but the heart in which it burned was sinless. イエスの憤怒は私たちの世に知られている最も熱いものであった。しかしその怒りが燃えている心に罪は存在しなかった。
Our anger is frequently a manifestation of our selfishness. 私たちの怒りはしばしば私たちの自分本位さの現れである。
We become indignant over trifles. 私たちは些細なことで怒る。
The street-car does not stop, or somebody carelessly knocks off our hat, or a servant disappoints us, and we are all aflame. 路面電車が止まらなかったとか、誰かがうっかり帽子に打ち当たってしまったとか、召使いががっかりさせたといったことで私たちはみな怒ってしまうのである。
Our comfort has been molested, our rights have been entrenched upon, our dignity has been affronted, and we are downright mad. 私たちの楽しみを阻害されたとか、権利を侵害されたとか、品位を侮辱されたとかで、私たちはただちにひどく怒る。
Ravellings and shavings can set us blazing. 糸のほつれやひげそりでさえも私たちに怒りをもたらす。
But in the presence of gigantic outrages perpetrated on the helpless and the weak, some of us are as calm as a summer morning. しかし助けのない弱者に対して働く巨大な悪の存在にも、私たちのあるものは夏の朝のように静かにしている。
Bad men do not make us angry unless they interfere with our own personal affairs. 悪人は、私たちの個人的な事柄を侵害しない限り、私たちを怒らすことはない。
If they wrong others we will make excuses for them, and cover them all over with the down of extenuating syllables, saying, "Poor men, they are more sinned against than sinning, they are the products of the age, the victims of the system," and thus do we take from guilt its heinousness by the flattering smile of a placid face. 誰かが他の人に悪を働いても私たちは彼らを許容し、情状を酌量して彼らをカバーしていう。「可哀想な人々、彼らは罪に対抗しなければもっと罪を犯しただろう。彼らは時代が産んだもの、システムの犠牲者だ。」と。こうして私たちはへつらいのほほえみと自己満足した顔をもって罪からその悪さを取り去ってしまうのである。
Our indignation then is quite different from that of Jesus.  つまり私たちの怒りは、イエスのそれとは全く異なったものである。
His anger never had its roots in selfishness. 彼の怒りはその根底に利己心を持たない。
When men abused him, he was unruffled. 人々が彼を非難したとき、彼は冷静であった。
When they lied about him, his pulse beat was not quickened. 彼らが彼について偽りを言ったとき、彼の脈拍は速くならなかった。
When they nailed his hands to the cross, no trace of anger darkened his face. 彼らが彼の手を十字架に釘づけたとき、彼の顔を曇らす怒りの痕跡はなかった。
His calm lips kept on praying, "Forgive them, for they know not what they do." 彼の静かな唇は祈りを保った。「彼らをお赦し下さい。彼らは自分たちが何をしているか知らないからです。」
It was when he saw his brother men abused that his great soul rose in wrath. 彼が彼の兄弟たちが非難されているのを見たとき、彼の偉大な魂に憤怒が生じたのであった。
The more helpless the person who was mistreated, the hotter was the fire of his indignation. 誤った取り扱いをされた望みのない人々のために、彼の義憤の火はより熱くなった。
Against rich people who imposed upon the poor, and against clever people who took advantage of the ignorant, and against strong people who mistreated the weak, and against crafty people who laid traps for the innocent, his soul blazed with a heat which became an imperishable and awe-inspiring memory in the apostolic church. 貧しい人々を虐げる富んだ人々に対して、無知な人々に対して優位な立場にある知識人たちに対して、無実の人々に罠にしかける悪い人々に対して、彼の魂は熱く燃えあがり不滅の権威ある記憶を使徒たちの教会にもたらした。
It was when he saw cruelty perpetrated on the defenceless that his indignation rose to the fury of a tempest. 無防備の人々に働く残酷さを見たとき、彼の義憤は大暴風の波ように生じた。
The thought of bad men leading innocent souls to sin, converted him into a furnace of fire. 悪い者が無実の魂を罪に陥れようという考えは、彼を暖炉の炎と変えた。
What a whirlwind of flame sweeps through a sentence like this, "Whoso shall cause one of these little ones which believe on me to stumble, it is profitable for him that a great mill-stone should be hanged about his neck, and that he should be sunk in the depth of the sea." 彼の唇を通して語られたことばはなんと炎のつむじ風のようであることか。「わたしを信じているこれらの小さいもののひとりをつまづかせるものは誰でも、その首に石臼をつけられて海の深みに沈められることが彼にとって相応しい。」
Tender, indeed, must have been the heart from which could come such forked lightnings! 事実、思いやりはそのような稲妻のような心に存在する。
If, then, we have ever been scandalized by the account of Jesus' indignation, we should examine ourselves and find out why we shrink from the thought that a man like him should burn with anger.  それではもしも、私たちがイエスの怒りに醜悪と数えられるものがかつてあったと思っていたのなら、私たち自身を探り、人がイエスのように怒りによって燃えることができるという考えを避けるべきである。
Whenever we find in Jesus a word or deed which seems to us to be a departure from what we conceive to be the standard of absolute rectitude, it is well to pause and study our standards of rectitude afresh, for it may be that what we conceive to be a defect in him may reveal to us a limitation in ourself. イエスのことばと行いに私たちが完全な正義の標準であると思っている事から離れるものを私たちが見いだすときはいつでも、立ち止まって正義の標準を研究し刷新すべきである。なぜなら私たちが彼のうちの欠点と思うところのことは、私たち自身の限界の顕れであるかも知れないからである。
If we find fault with him because he blazed with anger, it may be that our criticism springs from blood which has become impoverished. もし私たちが、彼が燃える怒りのために誤っていることを見出すとしたなら、それは私たちの血気が失われていることから生じた私たちの批評であるにちがいない。
If we fail to burn in the presence of cruelty and injustice, it is because the higher faculties of the soul have become atrophied by sin. もし私たちが残虐性や不義の存在に怒りに燃えることを欠くなら、それは魂の更に高い機能が罪によって萎縮しているからである。
If wood does not burn, it is because it is green or rotten. もし木が燃えないなら、それは生木であるか腐っているからである。
If hearts do not burn with holy fire against wicked men and their wicked deed, it is because the heart is too undeveloped to feel what manly hearts were meant to feel, or because the core of the heart has been eaten out by the base practices of a godless life. もし心が悪人と彼らの悪い行為に対して聖なる火に燃えないなら、それはその人の心が人の心が通常感じる事柄を感じることができるようになることに対してあまりにも啓発されていないからであるか、よくない生活の基本的な行為によって心の核心部分が食われているからである。
It is one of the lamentable signs of our times --- our incapacity for anger.  私たちの怒りへの無能力---それは私たちの時代の嘆かわしい徴のひとつである。
Many of us are lukewarm in the presence of evils which are colossal. 私たちの多くが想像を絶する巨大な悪の存在の中で生ぬるく生きている。
Some of us are indifferent. 私たちのうちのあるものは無関心である。
Indifference to wrong-doing is always a sign of moral deterioration. 悪しき行いに対する無関心は常にモラルの低下の徴である。
If we do not flame against villainy, it is because there is so much of the villain in ourself. もし私たちが悪党どもの所行に対して怒りに燃えないなら、私たち自身の内に同じような悪人がいるからである。
We would despise graft with a consuming detestation if our own palms were not so itching. もし私たちの手が汚れていなければ嫌悪を持って汚職を軽蔑するであろう。
The healthy soul resents and resists every form of wrong. 健全な魂はいかなる形の悪をも嫌い抵抗する。
The unspoiled heart goes out like a man in wrath against the forces of iniquity. スポイルされていない心は、悪の力に対して怒りに燃えている男のように現わされる。
Nothing is more needed in our day than enlarged capacity for moral indignation. 今日、正しい義憤の能力を強める以上に必要なものはない。
Nothing so clears the atmosphere as the heart of hearts heated by holy anger. 聖なる怒りに熱くされた心の中の心ほど雰囲気を明らかにするものはない。
There are evils so gigantic and so deeply rooted that nothing less than a thunderstorm will overwhelm them. 非常に巨大で、根の深い諸悪がある。雷以下のもので、それらに打ち勝つことができるものはない。
Bad men will abound more and more unless good men hurl thunderbolts. 善人が雷を発しなければ、悪人がさらにのさばる。
Criminals become brazen, wrong-doers walk insolently, rascals take possession of high places, until good men, aflame with indignation, arise and sweep them from the seats of power. 善人が義憤に燃え、彼らを権力の座からたたき出すまで、罪人たちがずうずうしくなり、悪をなす者たちが横柄に歩き、悪ガキたちが高い位置を占める。
Society would be cleansed of much of its pollution if we had more men and women capable of becoming genuinely angry. もし私たちが真実に怒る力を持った男女を得るなら、社会はその汚れを清められるであろう。
Let us pray then every day that a new indignation may sweep through the world. それゆえ私たちは、日々新しい義憤によって、世を清めることを祈ろうではないか。
As Plutarch put it long ago, "Anger is one of the winds by which the sails of the soul are filled." 昔のプルタークのように「怒りは、魂の航海において帆をはらませる風のひとつである。」としよう。
Many a belated bark would have reached port long ago if anger had been allowed to do its perfect work. もし怒りが完全にその働きをすることを許されたのであったなら、遙か昔に多くの旧式の帆柱の帆船も港に到着していたであろう。
It is the devil's trick to keep good men from becoming angry. 善い人々を相応しい怒りから遠ざけておくことは悪魔の欺きである。
Not only are we permitted as Christians to be angry, but it is our duty on occasion to allow this billow of fire to roll through the soul. 私たちはキリスト者が怒ることを許容するだけでなく、折に触れて、この火の波が自らの魂を動かすことを許容することは私たちの義務である。
Martin Luther is not the only man who has worked better when he was angry, and many of us limp to our task because we have lost one of the elements of moral power. マルチン・ルーテルは彼が怒ったとき、より多くの業を行った。そして私たちの多くの業に対する歩みが鈍いのは士気の力の要素のひとつを失っているからである。
He was a wise Englishman who wrote, "Anger is one of the sinews of the soul; he that wants it hath a maimed mind, and with Jacob sinew-shrunk in the hollow of his thigh must needs halt." あるイギリスの賢人がこう書いた。「怒りは魂の力のひとつである。それを欠く者は眠りこけた精神の持ち主であって、ヤコブの精神は萎縮し、その太ももは虚ろで添え木を要する。」
In the indignation of Jesus we get light upon the character of God.  イエスの怒りのうちに私たちは神の属性に関する光を得る。
This man's anger flows from a fountain in the heart of the Eternal. この方の怒りは永遠者の心の泉から流れ出ている。
The "wrath of the Lamb" is, as we have been often reminded, a figure of speech, but like all Biblical figures of speech, it is a window opening out on the infinite. 私たちはしばしば「子羊の怒り」を誇張だと思っているが、それはすべての聖書中の比喩的表現と同様に永遠に開かれている窓である。
The anger of Jesus is a revelation of the anger of God. イエスの怒りは神の怒りの啓示である。
It is significant that it is the beloved disciple and the man to whom tradition has ascribed a heart unusually loving and tender, who has most to say about the "Wrath of the Lam." それは最も愛された弟子にとって意味深いものであった。その人は心の常に愛と優しさについて伝えた。そのもっとも言いたかったことは「子羊の怒り」であった。
As he brooded over the years of his intercourse with Jesus, there was one trait which rose before him again and again, and that was the anger of Jesus. 彼が数年のイエスとの交わりを通して心に抱いたように、彼の前に繰り返し起きてきた一つの特徴があって、それはイエスの怒りであった。
When he speaks of it, it is always with syllables which hush the heart. 彼がそれを語るとき、それは常に心をしずめる音節である。
The man who declares that "God is love" is the man who exhorts us to flee from the "wrath of the Lamb." 「神は愛です。」と宣言した人は、「子羊の怒り」から私たちが逃げるように勧めた。
The New Testament is a glorious book.  新約聖書は栄光ある書物である。
Its lines are straight, its discrimination is fine, it rings true. その行は真っ直ぐで、その区分は精細、そして真実をかき鳴らす。
It is absolutely free from sentimentalism. それは感傷主義から完全に自由である。
It has no sickly fondness for bad people. それは悪い人々の病的な好みを含まない。
It does not deal in excuses and in extenuations. それは言い逃れや情状酌量を取り扱わない。
It has no abnormal tenderness. それは異常な優しさを持たない。
The world is full of sentimentalists, --- men and women who gush of love, and who do not know what love is. 世は感傷主義者で満ちている---男も女も愛についてしゃべりまくる、しかし愛が何であるか知らない。
After listening to their flimsy talk it is refreshing to get into a book where every bad deed is held up to scorn and every bad man, if unrepentant, is overwhelmed with shame. 彼らの軽薄な弁論によれば、すべての悪い行為に対する非難は停止され、悔い改めないなら恥に圧倒されるすべての悪い人も刷新されるという考えである。
Nowhere in the Gospels is there a soft or flabby thought, a doughy or mushy feeling.
福音書の中には、柔らかいとか締まりがない、粉のようなとか粥状の感じ方はどこにも存在しない。
All is high and straight and fine and firm and true. すべては気高く直裁的で精細で堅固で真実である。
Under such a sky, life becomes august, solemn, beautiful. そのような空の下では、人生は威厳があり、荘厳で美しいものとなる。
It is worth while to strive, to work, to suffer. それには奮闘し、労苦し、忍耐する価値がある。
One feels sure that God is in His heaven, and that though wickedness may flourish for a season, God's heart burns with quenchless fire against it, and that at the end of the days every impure man, and every cruel man, and every man who loves and makes a lie, will find himself outside the city whose streets are gold and whose gates are pearl. 神が天におられると確信している人は、悪はいっとき栄えるかも知れないが、神の心はそれに対して消されることのない火によって焼き払い、そして偽りを愛しそれを為す者は黄金の通りと真珠の門の町の外に自分を見いだすことになる。
(以下次号)

Valid XHTML 1.0 Strict