同労者

キリスト教—信徒の志す—

聖書研究

— 万人祭司・万人予言者・万人王(第61回) —

野澤 睦雄

・・クリスチャンはみな預言者である。みな祭司である。また王である。キリストにあって、神は私たちを一体とし、そして王位に着けられた。
・・ C.E.ジェファソン(「教会の建設」から引用)

3. 新約における三つの職務の考察(つづき)
3.1 新約の祭司(つづき)

 祭司は神と人との間に立つ中保者であって、神に対する関係と人に対する関係、その両方に中保の役がつとまらなければならないと述べました。そしてまず人との関係のために兄弟と同じになる必要を取り上げました。
 次に、祭司の神との中保者としてもっていなければならないことを考察しましょう。これに関連するヘブル人への手紙の記事にはイエスの祭司の職務と関連して以下のことが記されています。
イエスは、

 以上の諸点について、私たちはどうあらなければならないかを考えてみましょう。
 最期の部分の、「イエスが先駆け」であるということは、私たちがイエスに続くのであることを示しています。私たちがイエスに続くということは、イエスについて記されていることに似たところ通り、イエスに似た者とされることを意味します。私たちがイエスに似たものとなることを求められているということは、キリスト教の専門家たちのあいだでは当然とされ、しばしば牧師の説教に語られます。
(以下次号)
(仙台聖泉キリスト教会員)

Valid XHTML 1.0 Strict