同労者

キリスト教—信徒の志す—

一度は原書を読みたい本

 − キリスト伝(30) −
THE LIFE OF JESUS CHRIST
James Stalker

「キリストは、私たちのために、ご自分のいのちをお捨てになりました。それによって私たちに愛がわかったのです。」
(Iヨハネ3:16)

Jesus also with the Twelve sat down to eat it. イエスも同様に十二使徒たちもそれを食べるために座った。  
CHAPTER VII
THE END
第7章
末期
No, Never Alone
いや、決してひとりではない
159.
159.
Yet He was not alone. しかし、彼は一人ではなかった。
Among the deep shadows of the gardens and upon the summits of Olivet, He sought the unfailing resource of other and less troubled days, and found it still in His dire need. 園の深い暗がりのなかで、またオリーブ山の頂上で、彼は問題の少なかった日々の失われることのない他の力について考えた。そして彼の切なる必要がそのなかにあることを見いだした。
His Father was with Him; and, pouring out supplications with strong crying and tears, He was heard in that He feared. 彼の父は彼とともにおられた。そして大いなる叫びと涙をもって願いを注ぎだし、その敬虔さの故に聞き届けられた。
He hushed His spirit with the sense that His Father’s perfect love and wisdom were appointing all that was. 彼は彼の父の全き愛と知恵とが起こりつつあることを決定していることを感じ取って彼の霊は安らかになった。
Happening to Him, and that He was glorifying His Father and fulfilling the work given Him to do. 彼の身に起きていることは、父が彼になすように与えた仕事完遂することによって父が栄光を受けるこのであった。
This could banish every’ fear and fill Him with a joy unspeakable and full of glory. これがすべての恐れを消し去り、彼を言いようのない喜びと栄光に満たした。
Thursday Evening
木曜日の晩
160.
160.
At last the end drew very near. とうとう終わりがすぐ近くなった。
The Thursday evening arrived, when in every house in Jerusalem the Passover was eaten. エルサレムのどの家でも過越の食事をする木曜日の夕方がやってきた。
He knew that it was His last night on earth, and that this was His farewell meeting with His own. イエスは地上での彼の最後であることを知っていた。そしてそれが彼自身の別れの会合で会った。
Happily there has been preserved to us a full account of it, with which every Christian mind is familiar. 幸いにもそれについて詳しい記録が提供されていて、すべてのクリスチャンがそれをよく知っている。
It was the greatest evening of His life.それは彼の生涯の最大の夜であった。
His soul overflowed in indescribable tenderness and grandeur. 彼の魂は言いようのない優しさと威厳で溢れた。
Some shadows, indeed, fell across His spirit in the earlier hours of the evening. 事実、その夜のはじめの時間には、ある種の陰りが彼のこころをよぎったのであった。
But they soon passed: and throughout the scenes of the washing of the disciples’ feet, the eating of the Passover, the institution of the Lord’s Supper, the farewell address, and the great high-priestly prayer, the whole glory of His character shone out. しかしそれらはすぐに過ぎ去った。そして弟子たちの足をあらう光景、過越の食事、主の聖餐の制定、別れの挨拶、そして偉大な大祭司の祈り、彼の品性の全栄光が示された。
He completely resigned Himself to the genial impulses of friendship, His love to His own flowing forth without limit; and, as if He had forgotten all their imperfections, He rejoiced in the anticipation of their future successes and the triumph of His cause. 友情の暖かい衝動に彼自身を完全に任せ、彼自身のものへの彼の愛を無限に溢れさせた。そしてあたかも彼らの不完全さをすべて忘れ去ったかのように、イエスは彼らの未来の成功と、彼による勝利を予測して喜んだ。
Not a shadow intercepted His view of the face of His Father or dimmed the satisfaction with which He looked on His own work just about to be completed. 彼の視界には父のみ顔を遮る陰はなく、いままさに完成しようとしている彼自身の業を見る満足を減じるものはなかった。
It was as if the Passion were already past, and the glory of His Exaltation were already break­ing around Him. あたかも受難は既に過ぎ去り、彼の高揚の栄光がすでに彼のまわりを包んでいるかのようであった。
Midnight Prayers
真夜中の祈り
161.
161.
But the reaction came very soon. しかし反動は非常に早く来た。
Rising from the table at midnight they passed through the streets and out of the town by the eastern gate of the city and, crossing the Kedron, reached a well-known haunt of His at the foot of Olivet, the garden of Gethsemane. 真夜中に食卓から立ち上がると、彼らは通りを過ぎ、町の東の門を通って町の外に出、ケデロンの谷を横切ってオリーブ山のふもとのゲッセマネの園に到着した。
Here ensued the awful and memorable Agony. ここであの恐ろしい記憶に残る苦悩が起きた。
It was the final access of the mood of depression which had been struggling all the week with the mood of joy and trust whose culmination had been reached at the supper table. 最後の晩餐の席で到達した最高潮の喜びと信頼の気分は、その一週間ずっと戦い続けた落ち込みの気分の最後の到来であった。
It was the final onset of temptation, from which His life had never been free. イエスの生涯すべてに渡って逃れることのできなかった試みの、最後の攻撃であった。
But we fear to analyse the elements of the scene. しかし私たちはその光景の要素を分析することを恐れる。
We know that any conception of ours must be utterly unable to exhaust its meaning. 私たちはいかなる概念も、その意味を完全に表すことは不可能であると知っている。
How, above all, can we estimate in the faintest degree the chief element in it—the crushing, scorching pressure of the sin of the world, which He was then expiating? さらにその上、その中の中心的要素――彼がこれから贖おうとしている、砕き、焼き焦がす世の罪の圧力を、私たちはわずかでも計り知ることができるだろうか?
(つづく)